昔気質技術者のお小言

車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

折りたたみ型とストレート型のどちらがよいのか

フィーチャーホンもかつてはどれも同じ形だった

INFOBAR xv、電源の入る実機が披露される」

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1142154.html


もう現在はフィーチャーホンのデザインについて考える人はいないでしょうが・・・

フィーチャーホンの”末期”は折りたたみ型ばかりになっていました。
このブログでは「スマートフォンは遠目で見たらどれもみんな同じ四角い板」などと言っていますが、
当時のフィーチャーホンも遠目で見たら色以外はどれも同じ形状(折りたたみ型)になっていたのです。

現在は 折りたたみ型デバイス=”ガラケー” となっています。
折りたたみ型デバイスを持っていると、
「まだガラケー使っているんだ~」
とアタマが悪い輩は揶揄するかもしれません。

しかし、INFOBARのような形状・形態であれば、フィーチャーホンが見直される機会になるのではないでしょうか。

しかしながら携帯デバイスは、折りたたみ型とINFOBARのようなストレート型では一長一短があります。

ストレート型だと”開く”必要がない。シンプル。
機構的にもシンプルでありましょう。
一方、ディスプレイを手動で消灯しなければならない、かも。
タッチパネルでなければ自動消灯にしておいてそのままポケットに入れればよいのですが。
スマートフォンもざっくり言うとストレート型ですな。
ディスプレイがカバーされていないから傷める可能性が比較的高い。

折りたたみ型だと開けばディスプレイは自動でオン、閉じれば自動的にオフ。
閉じておけばディスプレイは保護されます。
時計だけだったら開かずにサブディスプレイだけで確認できて、懐中時計のようにも使用できます。
しかし、サブディスプレイという余計な部品が必要になったり、折りたたみ機構にコストがかかったりするでしょう。

それにしても、今さらフィーチャーホンの形状について考察してもねえ・・・
でも、今こそ”フィーチャーホン然”とした携帯デバイスに注目すべきだと思うのです。
ハードキーボードが付いていることはともかく、掴みやすさ、操作のしやすさの観点から。

先日ラジオであるアナウンサーが言っていました。
「この間エレベーターでスマホを落としちゃって!
 エレベーターの入り口の隙間にスポーン!って!!!」

スマートフォンはただ”手のひらに乗せているだけ”だからこんなことも起きるのだ!!
ちなみに、そのスマートフォンはエレベーターのメンテナンスの人に保守スペースを開けてもらって、無事回収できたそうで。ディスプレイは割れたそうですが。

レジ袋有料化でゴミがかえって散乱しませんかね?

レジ袋はごみを”まとめる”のに役立っている

うーむ、レジ袋有料化義務付けは本気らしいですな・・・

レジ袋の有料化 小売店に義務づけへ 環境省 | NHKニュース


レジ袋が有料化されたら困るなあ・・・

私は当然、レジ袋を一回で捨てることはしません。
細かいゴミをレジ袋にまとめて、それを足で踏んづけてペッタンコにして”かさ”を減らしてから”家庭ごみ”用の有料ゴミ袋へ。

この手法で一枚の有料ゴミ袋にかなりのゴミを詰め込んでいます。

レジ袋が使えなくなったら、自治体が金をふんだくる”有料ゴミ袋”の使用量が増えるなあ・・・
ゴミ圧縮の別の方法を検討しておかねば。

それはそれとして、レジ袋が無くなったらごみが散乱するのではないかと危惧しています。

出かけた先で飲食物を買って、飲み食いした後にそのゴミは?
コンビニ等で買ったのならば、買ったときに入れてもらった袋へゴミをまとめて、それをしかるべき場所へ捨てます。

そのゴミ袋となるレジ袋がなければ、細かいゴミを一個一個持って移動する?
そうなると、途中でポイ捨てする不埒な輩が増えそうだなあ。

観光地だったら道中でポイ捨てするとか。
山だったら山中に撒く輩とか。
海岸だったら・・・

つまり、ゴミをまとめられないので”ポイ捨て”が増え、その結果環境汚染が現在よりも進行するのではないのですかね?

海洋汚染とかはレジ袋を制限しても減らないだろう。
レジ袋以外のポイ捨てが増えるから。

ポイ捨てなんぞしようとするような不埒な輩のうちの何割かは、レジ袋にゴミをまとめることによって”ポイ捨て”を思いとどまっているはず。
それが”解放”されてしまうわけですな。

むしろ、レジ袋で「ゴミをまとめる」ことを啓蒙した方が環境汚染は少なくなると思うのですがねえ。
レジ袋がタダで配られているということは、ゴミを散乱させないようにゴミ袋を配っているのと同じことなのです。

それでも”ポイ捨て”をする輩を厳しく罰する方に注力すべき。

「車の恐竜化」はメーカーのアタマが恐竜並みだから

スペースがなければ外形を広げればいいじゃなーい、という考え方

『デカく重く「車の恐竜化」は止められないのか』

https://toyokeizai.net/articles/-/235417

”多くの車が3ナンバー化”している理由が上記コラムに解説されています。
室内空間をもっと広くするためとか、パワーユニットのスペースの都合とか。
さらには操縦安定性を向上させるためとかなんとか。

昨今では、ハイブリッドシステムのバッテリーのスペースを得る目的もあるのではないでしょうか。
バッテリーがデカいほど”ハイブリッドカー”としては性能があげられるだろうから。

冒頭のコラムでいうところの「車の恐竜化」は今に始まったことではないです。
私の記憶だと30年近く前からではないでしょうか。

30年前から車の巨大化が始まっていたとするならば、現在はシロナガスクジラくらいの大きさになっているのでは?(笑)
いや、ここにも”自然の摂理”が働いているのです。

当時から同一モデルはモデルチェンジのたびに外形が大きくなっていきました。
そしてそのうちモデル当初のコンセプトが失われ、モデルが廃番、すなわち”滅ぶ”。

そして滅んで空白になったスペースに少し小さめの新モデルが投入されてくるのです。
こうやって栄枯盛衰。
もちろん、大きくなって”栄”とか”盛”になった事例はナイ

クルマでも何でも表面的な薄っぺらい性能向上をさせようとするならば、小さく作りこむよりも大きくする方が簡単なのです。
つまり、車がどんどん大きくなっているのは、メーカーの開発の”手抜き”と言っても過言ではありません。

車以外の製造業業界は”開発”というと”小型化”も必ず並行して行われます。
最初から小さい電子部品ですらそう。
私も昔から思っていました。
車メーカーはいいよなー、スペースが足りなきゃデカくすりゃあいいんだもん、と。

これまで”大ヒット”したクルマはどんなものだったか。
そのカテゴリーにしては”小さい”クルマだったはず。
フィットとかね。
そのフィットも少しずつ大きくなっており、滅びへの道を歩んでいる・・・
N-BOXは大きくなりようがないですがね・・・

狭い日本、そんなにデカい車でジャマじゃない?

携帯デバイスのリストラができない・・・

いつにも増しての独り言であります。

寝る時のお供の7インチタブレットがなんか重い(質量ではなく)ので
スマートフォンを布団に持ち込むか?と検討したのだが・・・
やぱしダメだった・・・

スマートフォンを布団の中で使うには、充電ケーブルを刺しっぱなしにしなければならない。
なぜならば夜の間にバッテリーが減ってしまうと、朝起きてから出かけるまでの間に充電しきれないからである。
布団の中でひも付きのデバイスを使うのはなんか鬱陶しい・・・

あと、タブレットの方がなんか眠くなりやすいんだよね。
たぶんだが、大きめの画面のあちこちに目が泳ぐのが眠気を誘うのによいのではないか。
小さめの画面だと注視しがちだから。

外へ出る時にはお外用のデバイス、寝る時には寝る時用のデバイス
というわけで、デバイスのリストラには失敗した(汗)

一方、メイン回線のフィーチャーホンをAndroidケータイにできないものかと思った。
アプリをGooglePlayからインストールできないそうだが、たぶん、無理やりインストールする方法はありそうだ、ということで。
スマートフォンを持って出かけなくてよいように。

しかしこのアイデアも却下である。
現在スマートフォンではラジオ(エリア外の局)をつけっぱなし。車の中とかで。
メイン回線でライフラインバイスでそんな余計なことでバッテリーを減らすのはいかがなものかと・・・

ちなみにメイン回線をスマートフォンにするというのは料金的にも却下。
何度も言っているが、フィーチャーホンはメールし放題で月額千円ちょっと、
スマートフォンは月額645円。
これより安くはなるまい?

というわけで、フィーチャーホン、スマートフォンタブレットの3台体制はまだまだ続くのだった・・・
ちなみになぜタブレットを使っているかというと、
WiMAXを最初に契約した際におまけで付いてきたのだ。
使ってみるといろいろ便利、
ということでそのタブレットが故障した際に、また別のタブレットを買っちゃったんだよね・・・最も安かった物ですが。

楽天モバイルで端末大特価だったが・・・

”使わない通話契約”の費用が少なくない、端末が古い

この記事がアップされるときはもうセールは終わっているはずですが、
楽天モバイルの大特価セールがあった。

そこそこのスペックのスマートフォンがなんと千円台とか!
かなり心が動いたが・・・

その大特価が適用されるには、通話SIMの”新規契約”(もしくはMNP)が必要なのだ。
現在すでにデータSIM持っているんだが・・・

つらつら計算してみる。
通話SIMを契約して現在使っているデータSIMを解約するとする。
そして通話SIMのプランの最低利用期間が過ぎたらデータ通信プランに変更するとする。

通話SIMの最も安いプランは現在のデータSIMプランより600円高い。
(ちなみにその通話SIMプランの通信速度は200kbpsの;現在のデータSIMと同じ)
それを12か月間使用するということは、現在よりも7200円余計に支払うということだ。

うーむ・・・
端末を含めた総費用は1万円を切っているが・・・
それであれば買ってもいいのでは・・・?

しかし、当該端末のOSがAndroid7.1だった。
ちと古い。
最新OSの二つほど前の。

いかに1万円で入手できる端末とはいえ、OSが二つも前か~。
・・・やっぱり止めとこ(汗)

思うに、楽天モバイルは、独自キャリア立ち上げに備えて通話契約数を増やそうとしているのではないか。
今回の大特価セールは通話SIM契約しか適用されない。
初めて楽天モバイルで特価端末を購入したときは、データSIM契約でも特価が適用されるセールであったのだが。

”機種変更”の割引価格もあるのだが、全然安くない。

やっぱり楽天モバイルが安いのは最初だけだな~。
”ナントカホーダイ”も含めてね!