昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

ジジイがふんぞり返るわけ

自信のない人ほど"年下"を呼び捨てにする
http://president.jp/articles/-/24370

まー、”自身がない”というよりも、自分の立場が分かっていない○鹿なだけだとも思うが・・・
オレはお前より偉いんだと常に思っているわけで、実際はそんなことはビタ一文ない。
客観的に状況を判断できれば、自分と相手が対等であることは簡単に分かるはず。
それが分からないというのは単なる○○である。

できる人ほど腰が低い。本当に。
偉そうな口をきいてくる輩は、こいつは大したことないな、というかクズの部類だなと判断できるのだ。

そもそも、ほとんどの場合は”対等”である。
店と客であっても。
一方はサービスや商品の提供、一方は金を出す、つまり対等に価値の交換をしているだけなのだ。
対等な立場の他人であったら敬語を使うのは普通だよね?

ちなみに、ジジイがふんぞり返っているのは、自分が偉いと思っているということが多々あるが、(ただ歳くっているだけで何の知識もないのに)
どうしても座り方がそうなってしまうという部分もあるのだ。
そう、”体幹”が弱っているから。

背筋を伸ばしてきちんと座れない。
そうすると背もたれに寄り掛かる。
傍目にはふんぞり返っていると見える・・・

いや、実は私がこれ。
ごく短時間だったらピシッと座っていられるが、
こっちが客の長時間に及ぶ商談だとヤバい(汗)
途中でいかんいかんと座りなおすが、しばらくするとまた・・・(汗)
言葉遣いにはかなり気をつけてはいるのだが・・・

ふんぞり返っているオッサンってカッコ悪いよね・・・(汗)

”機内モード”は必要だ

飛行機内ではスマートフォン機内モードにすることは本当に必要か?という記事があった。(引用無し)
極端な例として、墜落事故の原因となったこともあるらしいが、携帯電話が飛行機の機器に影響を与えること可能性はあるがその程度は低い、とまとめていた。
これは記事を読んだ人によって捉え方が違うだろう。

このネタも何回か過去に書いた。
携帯電話とかデジタル機器は電波をダラダラと出す。
パソコンやゲーム機など無線通信機能が付いていない物であっても、電波がダラダラと漏れ出すのだ。
これは電子工学を少しやった人ならわかるはずだ。
デジタル機器は顕著。
これが、スマートフォンだと基地局WiFiを探すために思いっきり電波を出している。

考えがあっさい人だと、「携帯電話で飛行機とか病院で事故が起きたのは聞いたことがナイ」などと言って、電源を切るように指示されている場所でも電源をオフにしなかったりするのだが。
もちろんネット上でもそういうあっさい輩は見かける。

不要電波が出たりそれによって影響をどのくらい受けるか、というのは電子工学でかなり研究されている。
結論から言うと、影響はゼロにはならないのだ。
研究が進んだ後の電子機器は対策がなされているが、それでも影響を受ける可能性はゼロではナイ。
昔の機器は結構アブナイ。
・・・と、昔電波の影響を研究していた専門家の講演で聴いたのだ。

可能性がいかに低くとも、人の命に係わるところでは人命が失われる可能性をゼロにする努力をしなければならないのではないのかね?
つまり、病院とか飛行機とか。

というわけで、機内モードにしたり電源を切ったりの指示が出たら従うべきなのだ。
昔の携帯電話は”機内モード”がなかったから電源を切るしかなかったのだが、現在はスマートフォンで”機内モード”にするだけでよいからゲームくらいはできる。
昔よりかなりマシなのだ。
だから機内モードくらいにはしようよ、という話。

車のアンテナの話

こんな記事があったもので。
カーラジオを受信するアンテナに最適な角度はあるのか?
https://www.webcartop.jp/2018/02/200671

今の時代、車でラジオを聴くなんて人はどのくらいいるのかなあ?
年配者ならともかく。
ラジオ三昧のワタシですら、車でもスマートフォンでラジオ。
でも昔はスマートフォンを持っていなかったので、車でのラジオ受信には苦労していた。
朝方はまだニッポン放送とかがぎりぎり受信できるので、それをもっとクリアに受信したいと思っていたのだ。

ラジオの受信には、アンテナは現実的な範囲で長ければ長いほど良い。
空間を伝ってくる”電界”をとらえる長さが長い方がよいのだ。
無線工学的にはアンテナの最適な長さってのがある。
しかしそれは、AMだと75mとか、FMでは75cmとか。ま、非現実的。
でも現実的な範囲で長い方がよいのだ。

だから、最も良いのは昔ながらのアンテナ。
手で伸ばしたり、自動的に伸びていくようなアンテナ。
昨今の車で普通に付いている、あの黒くて曲げられる短いのよりは格段に良い。

でも長いアンテナを後付けなんかできない・・・
それでもどうしても、てのであれば。
AMの長距離受信にはにはこれでも足りないが。


 

・・・そっか、FMVICS用の目的もあるのね・・・

ショートラリーのアップがいかに大事か

大抵の人はテニス前のアップで”ショートラリー”をやるのではないか。
これまで何度も言っているが、再度その重要性についてまとめたい。

まず、身体ほぐし。
スイングのフォームを意識して行なえば、ストロークの準備運動に充分になる。
さらにはいろいろな打ち方も練習(アップ)できるのだ。
昔、県一位(当時)の人から聞いた話。
「ショートラリーの時にトップスピンとか高い打点とかライジングとか打ってみるんですよ」

それ以上に重要なことは”インパクト感覚”のアップ。
インパクトの瞬間と身体が予想してたタイミングが一致しているか、あるいは一致させる。
これは特に初級者とか感覚が衰え始めた年配者に有効。
これらのことは無意識に行われている。
よくおしゃべりしながらショートラリーしてる人もいるが、それでも。
もちろん意識して行なえば最も有効。

で、これだけ有効、アップとして大事なショートラリーを行わないのは・・・
個人で遊びでやっているのなら構わないが、
金を取って”レッスン”しているプロコーチが、
身体も”タイミング”もほぐれていない状態で「球潰せ~」とか「自分の力で飛ばせ~」とかいきなり高い打点で打たせたりとか、フルスイングを強要する、
これは年配者や初級者にとっては”傷害罪”に等しいのだ。

”考える”時間は必要だよね

トイレにスマホを持ち込まないほうがいい理由
https://www.lifehacker.jp/2018/01/stop-bringing-your-phone-to-the-bathroom.html

”マインドフル”ってのが何なのか正直よく分からないが。
でも外界からの情報を遮断する時間が必要なことはよく分かる。

トイレに行ってまで情報を閲覧したいのか。
常に、絶え間なく、情報を自分の脳に入力していなければならないのか。
そりゃー、自分のアタマで”考える”という習慣が減るわな。
それでなくてもネットの質問サイトを使って他人に考えてもらおうとする輩が多し。

たまには自分のアタマの中にある情報だけで何かを組み立ててみたらどうなのか。
それが思考力であり、洞察力につながる。
回りまわって観察力にもつながるのだ。

もちろん、起きている間は情報の脳への入力はゼロにはならない。
目をつぶったとしても周りの音情報が入ってくるからね。
目蓋はあるが”耳蓋”はないからね・・・
それでも目をつぶっただけでも入力される情報は随分減る。

瞑想した方がとは言わないが、せめて自分のアタマの中の情報だけで何ができるかを試してみたらどうなのか。
それが”考える”ということだ。
何もできないという人は思考能力を失っているか、あるいは脳ミソがマジで空っぽなのか、といったところ。

・・・などとエラソーなことを言っているが、
実は私もトイレにスマートフォンを持っていく(恥)
できれば時間をかけて出したいんだよね・・・
そうするとなんか間が持たない(汗)
寝る時もタブレットスマートフォン

だからこんなつまんねーブログしか書けないんだね!って言ってもらってもいいっすよ・・・(汗)

いまだカーナビアプリの実験できず・・・

以前に無料カーナビアプリの話を書きましたが。
で、古いタブレットを車に乗せっぱなしにしてあるアプリの使い勝手をテストしようとしていたのだが。
この寒さ(この記事を書いている時期)でいまだにテストできず・・・

だって、最低気温がマイナス8度とか。
そんなところにタブレットを置いておいたら故障するかもしれないじゃん?
電子機器って暑いのもそうだが、極端に冷えるのもよくないのだ。
民生品では注意して読んだことはないが、仕様に使用温度範囲が記載されているはずだ。
動作させない状態での温度範囲仕様もあるのだが、それは仕様には書かれていない。
でもマイナス8度は冷えすぎだろ~(寒)

じゃあ、なんでカーオーディオとかは寒冷地でも壊れないのかって?
それは車載電装品は要求している温度範囲スペックが広いのだ。
もちろん構成している電子部品も車載用を使うのだ。
もちろん、その設計もかなり厳しくなる。

タブレットだのスマートフォンだの、その他の家電製品は人間が人間らしくいるところでの温度しか想定していないのだ。

というわけで、テストは春にならないとできないなあ・・・

本当に必要な”スペック”を考えられたい

全くその通りだと思ったコラム。
通信速度至上主義はMVNOの存在を否定することにはならないのか
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1802/02/news050.html

正直私はMVNOをメイン回線にすることはありえないし、だからどこが淘汰されようが知ったこっちゃないのだが。
ちなみに何度も言っているが、私はドコモ回線の従来型携帯電話をメインとし(月千円ちょい)、楽天モバイルの256kbpsコース(月645円)でネットデバイスとしているスマートフォンを運用している。

で、上記コラムの筆者は、MVNOやサブブランド優遇に関する議論が通信速度だけで語られていることを危惧している。
全くその通りだと思う。

現在の通信速度はほとんどの人にとって”オーバースペック”である。
スマートフォンでハイビジョン画質の動画をダウンロードするんだったら必要かもしれないが、そもそも小さい画面で”高画質”なんか無意味。
つまり、動画を見るのだって3ケタMbpsの速度なんか必要ナイ。

これまで大手キャリアは必要がない高速化をして、高速になったから値上げね、というやり方でユーザーから金をむしり取ってきたのだが。
もちろん、本当に高速化が必要な人もいるだろう。
そういう必要な人だけ高い金を払えばいいのだ。

MVNOでそういったところに目をつけているところはほとんどないはずだ。
大手キャリアの詐欺的料金体系から外れたところに商売のタネがあるのだが?

総務省なんかも通信速度と通信容量でしか議論できない連中ばっかりのようだし。

ま、速度がどうのとサブブランドに文句をつけている”だけ”のMVNOは早々に淘汰されてもいいんじゃないですかね?

”免許返納”すべきは高齢者ばかりではナイ

75歳以上は運転免許を取り上げるべきか
http://president.jp/articles/-/24343

高齢者の事故と免許返納について各新聞の社説を読み比べて、もっと社会的に議論すべきとしている。

しかし私はこの手の話を見るといつも思うのだ。
高齢者並み、いやそれ以上の認知症で運転している輩はゴロゴロしていて、
そういった連中にも免許を返納させなければならないのではないか?

例えば、交差点の停止線で(理由もないのに)止まれず、交差点に進入せんばかりの位置で停止している輩。
こういう輩は、”白線”を認識できていないわけだ。重度の認知症でしょ?
停止線がなぜその位置にあるのかっていう意味を理解できないわけだ。”ボケ”でしょ?
実際、そういう車のドライバーを見ると・・・ま、そんな感じ。若者でもオバサンでもじーさんでも。

スーパーなどの駐車場で、駐車スペースは他にたくさん空いているのに車いす用駐車スペースに車をとめるやつ。もちろん五体満足どころか身体はピンピンしているのに。
車いすマークの意味を忘れているわけだ。認知症でしょ?

駐車スペースの白線がない店の真ん前に駐車する奴。
そこに駐車したら邪魔だったり危険だったりするのが分からない。認知症でしょ?

駐車スペース2台分にまたいで駐車する奴。
これも白線を認識できていないわけだから、認知症でしょ?
白線が分かっていたとしてもその内側に止めないというのは、白線の意味が分からないわけで、認知所でしょ?
または白線の内側に止める技能がないわけで、これも車を運転すべきではナイ輩だから、免許を返納させるべき。

そもそもマスコミは高齢者の事故ばかりを取り上げるが、年代別事故件数を知っているのか。
高齢者が取り立てて高いわけではナイ。
事故を起こす可能性が高いのは、車を緊張感を持たずにテキトーに走らせている輩どもで、そういった連中が上記のような認知症と思われる行動をしているのだ。

マスコミが本当に交通事故を減らしたいのならば、高齢者ばかりに着目するのではなく、もっとしっかり分析してもらいたいものだ。

郵便局での受け取りは”便利”なのか?

楽天、全国およそ2万の郵便局での受け取りが可能に
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/410/410256/

うーん、これは”便利”なのかなあ?
郵便局って、昼間しか開いていないじゃん?
郵便局が開いている時間に”通勤”している人って少ないんじゃないの?
オフィスのそばの郵便局での受け取りを指定して昼休みに取りに行くこともできるだろうけど、
そうすると帰りの荷物が増えて電車に乗るのが大変なんじゃ?

うーん、これって誰のためのサービスなのかがよく分からない・・・

と、”コンビニ受け取り”もできるようになったらしい。
全部のショップで対応しているわけではないらしいが。
そしてさらに、送料が上がるみたい?
ま、今度何か注文する際に調べてみよう・・・

除雪の酷さは行政が無能だから

この記事を読んで、業者や自治体に同情するだろうか。
儲からない、人手不足…除雪担う業者の悲哀
http://toyokeizai.net/articles/-/208646

困るなあ、こんな記事を書かれちゃ、とすら思う。
行政も苦労してんだな、と思われるではないか。
それほど秋田市の除雪は酷い

上記記事のような地域の「記録的な豪雪」ならば話は別なのだが、
平年並みの雪でもロクな除雪がされない秋田市
いつも思うのだが、雪対策の街づくりがされていないのだ。

例えば花火で有名な旧大曲市。
秋田市よりもはるかに雪が多いのだが、除雪で不満に思ったことは皆無。
除雪したそばから雪壁を削り道幅を広げる作業をしている。
除雪直後は路面が出ている。
数区画ごとに雪の仮置き場があるから、秋田市のように交差点に雪山を作るなんて馬鹿なことはしない。

行政も苦労しているんだ、業者も大変なんだ、と思うのはかなり表面的な思考。
なぜならば、この地域で雪が降るのは今に始まったことではナイ。
昨年あたりから氷河期に入って雪が降り始めたのではナイ。
はるか昔から雪が降る地域なのだ。
なのに、なぜそれの対策ができていないのだ?

ちなみに、噂だが、
雪が降ってくると除雪業者は「金が降ってきた」と喜ぶ、とか、
除雪業者は自分ちの周辺だけはきっちり除雪する、とか。
ま、あくまでウワサですがね・・・

行政が都市計画を立てる。
そうするとこの地区の人口が増えそうだとか、道路ができるからこの辺りの交通量が増えそうだ、とかなんて”事前に”分かるはず。
そうすればそれに合わせて除雪体制も計画しなければならないのではないか?
雪は毎年降るんだから。
土建業者の高齢化が進んでいる、将来的に人手不足、なんてことも行政は事前に予測できていたはず
予測ができていなかったのは単なる行政の”無能”、”無策”。

現市長は2期8年も市長をやっていたのだが、その間に雪対策は全くやっていない。
だから今期の除雪も酷い。
やったことといえば、除雪に関する苦情電話が庁舎にかかってこないように除雪コールセンターを外注しただけ。
ホントにそれだけ。
8年も市長やっていれば雪対策の街作りなんていくらでもできたはずだ
こんな無能な市長を再選させた秋田市民の見識良識を私は疑う。

さらに言えば、除雪が酷いのは前市長のときからすでに。
前市長は現秋田県知事である。
全国ニュースにもなった、大雨災害時に隣県でゴルフに興じていたというあの知事である。

このニュースを聞いて、またか・・・と思ったね。
平成18年豪雪の際、当時の市長、現秋田県知事は何もせず。
雪がどんどん降り続く状況で温泉宿でのんびり酒飲んでいたんだろう?(単なる想像)
路線バスが通れなくなって運休するなどにっちもさっちもいかない状況になってから、やっと”災害対策本部”を立ち上げた。
市民はそのずっと前から悲鳴を上げていたのに。

県都の整備は知事の責任でもある。
大雨災害時にゴルフしていたような現知事を再選させた秋田市民(大票田)の見識良識を私は疑う。

もう一度言う。
この地域では雪は大昔から降っている
それなのに除雪状況は一向に改善されない。
それに対する策を十数年間も全く立てていない、というのは市場が無能、知事が無能、役人が無能、だからだ。

さらに言えば、それを分析、批判できない地元マスコミ、特に新聞社も無能。

住宅展示場に入りにくい理由

閑古鳥の住宅展示場で一体何が起きているか
http://toyokeizai.net/articles/-/205795

閑古鳥になる理由は住宅需要の変化、エリアの変化、情報入手方法の変化、そして敷居の高さ、と書かれているが・・・
来客数だけで考えるならば、やはり”敷居が高い”のが最大の問題なのでは?

友人に付き合って住宅展示場なるところへ行ったことがあるが、
入れば入ったで面白いんだけどね。
メーカー各社の技術が解説されていたりとかで。(理系なもんで)

でも、正直”リアリティ”は感じない。
オレだったらこんな家は作らないなー、てな感じ。
メーカーの”特徴”を全部取り込んだ家にしなければならないから、やたらデカい家になる。
天下りを繰り返す役人でないと建てられないんじゃねーの?って感じの家ばっかり。
レイアウトとか部屋数の”趣味”になんかそういったものを感じるのだ。
仕事はロクにしなくても収入はあるんだぜ、って感じの悪趣味。
ま、考えすぎ?

でもこんなレイアウトじゃあ冷暖房費がいくらかかるのだ?ていうものばっかりだし。
いかに高断熱高気密だったとしても。
洗濯 → 干す ことの”動線”が考えられていなかったりとかもね。

しかしやはり、住宅展示場に行きたくない理由の最大なものは、「後が面倒」なことが予想されること。
絶対に住所氏名電話番号を書かされるんだよねー。
そうすると、当然後日電話がくる。
実際、固定電話には相当の電話が来た。やれやれ。
一つも出なかったけど。

住宅をすぐに建てるつもりがないことをはっきり言ったとしても、あちらも営業だから”数”を打たなければならない。
だから立てるつもりがナイ来場者に対しても、一応電話をかけまくらなければいけないわけだ。

住宅展示場は入れば入ったで面白かったとしても、後々面倒。
これじゃあ、気軽には入れないよね。
そりゃあ、閑古鳥になるわな・・・

 

こんなアパートに入居してしまったら節約できない賃貸住宅の間取りと節約【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]

バックハンドも難しい その2

で、両手バックハンドは。

よく言われるのは、左手のフォアハンド、などと。
これも若い人向けだと思うな~。

腰が正面向いてからラケットが出る、などというコーチがいるが、
年配者の凝り固まった身体でそんなことができるかね?
左手一本だったらできるけどねえ。
両手でそれをやろうとするならば、各関節と筋肉が柔らかくないと無理だよね。
オレの身体はもうかなり硬い。

とすると、やはり身体全体の筋肉を固めて身体全体でラケットを振り回すような打ち方しかできない。
実際、そういう打ち方をするとよい打球がいく。

しかし、ワタシはかるーく打ちたいのだ。
フォアハンドはできる時はできる。インパクトのタイミングが合えば。
しかし両手バックは力を抜くのが反って難しい・・・と思う。

力を抜くとラケット面がぶれるんだよね、両手で握っているのに。
この辺りがキモになるのだが、どうすればいいか答えはまだ出ない。

というわけで、まだ打ち方はわからない。
”筋力”で打つのが最も簡単なんだけどねえ。

バックハンドも難しい その1

バックハンドの難しさ、前から分かってはいたけども、最近さらに難しいと感じる。

現在は両手打ちなのだけど、
なぜか今、片手打ちの打ち方がよく分かってきた。
フォアハンドは身体を回して打つのに、片手バックは身体をほとんど回さない。一見そう見える。
でも、テイクバックで相手に背中を向けるくらいにすれば、20度くらいは回せるのだ。
フォアハンドは90度くらい回すけどね。
そこからインパクトの形へ持っていく。
インパクトの形はここで説明するまでもあるまい。

難しいのは、フォアハンドは腰を回し切ってから腕が出てくるような感じだが、
片手バックハンドは自分の力で身体の回転を止めなければならないのだ・・・
ここで体幹の筋肉が必要になる。
前にも言ったが、動かすときよりも”止める”ときの方が力が必要なのだ。

というわけで、せっかく打ち方が分かったのにもう私には打てない・・・
筋力がなさ過ぎて。
ベストのインパクト位置になっていても腕もひしゃげる(汗)
それでなくてもバックハンドで使う腕の筋肉は日常生活ではあまり使わない方向なのだ。

で、両手バックハンド。
長くなったので記事を分けますかな・・・続く。

売れているのかいないのか?

7インチディスプレイの超小型(今となっては)パソコン、GPD Pocket。
http://ascii-store.jp/p/4562412600453/

これは売れているのかいないのか???
というのは、週刊アスキーのサイトでいっつもその宣伝記事が出ていたから。
サイトを開くと同じページにその宣伝を二つも載せていたことも珍しくなかった。

と、いつの間にか無くなっていた・・・

いや、週刊アスキーでそれだけ推していたのは
ストアで在庫がだぶついていたから?
それとも超人気でさらに売りさばこうとしていたから?
どっちなのだ???
と思っておりました~。

サイトにはこの記事を書いている時点では宣伝記事はもう載っていないが、
ストアでは扱っているので在庫はまだあるんだろう。

もし人気で売れていたのであれば、
今後他のメーカーから類似商品が出ることが期待される。
それは私にとっては楽しみだ。

しかしもし売れていなくてのアスキーの”ゴリ押し”だったのならば、
残念だ・・・
やはりこの手のパソコンは”売れない”という証明になってしまう。

私用ではもうパソコンは使っていないという若い人が増えているそうだが。
そう考えるとこういった超小型パソコンは需要はないだろう・・・
でもパソコンは使えれば自分の考えをまとめるのに非常に有用なツールなのだがねえ・・・
それが持ち運びしやすい”超小型”となったらば、人類の生活をまた変えるきっかけにもなる。(大きく出た)

ハードキーボードが付いていないデバイスなんて、絶対に思考補助デバイスとしては限界があるって。(根拠なし(汗))

 


 

それも”あっさい考え”だ

ラジオで待機児童問題についてのコメントを聞いていたらば、その中に、
「予算がついて保育所を作ろうと思っても”住民エゴ”の問題があるんですよ。
 近所に保育所ができたら子供の声でウルサイと反対するんですよ」

うーむ。
考えがあっさいジジババとか大人たちだ・・・
子供 = ウルサイ としか考えられないのか?

ここで言いたいのは、”子供は国の宝”とかいうことではナイ。(そうなのだが)
近くに保育所ができると近隣住民には有利なこともあるのだが?
それは”安全”

子供が集まる施設があるとなると、その周辺の”治安”には力が入れられる。
不審者対策とか、交通安全とか。
保育所の近くの治安が悪かったらマズいでしょ?
雪国だったら周辺道路の除雪もきちんと行われるだろう。
(いや、普通はどの道路も除雪もきちんと行われるのだが、秋田市は小学校前の道路も手抜き除雪だがね・・・)

保育所であれば親が送り迎えをするんで、子供が周囲をウロウロすることもあるまい?
それでも周辺の”安全”は確保されるのだ。

だから住民はむしろ保育所を誘致した方がいいのではないかね?
保育所新設に反対するような住民はアタマが悪いのでは???