昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

よい車が流行るとは限らない

日本の自動車メーカーに未来はあるか。
https://www.news-postseven.com/archives/20170912_611780.html
ま、これはざっくり言えば、うだうだ言っているだけだと取り残されるぞ、ということですかね。

しかしこんな話も事実だと思う。
ディーゼルエンジンはまだまだ改良余地がある。
https://www.news-postseven.com/archives/20170912_612410.html

前に紹介したコラムの中にあったと思うが、
欧州が車の電動化を進めようとしているのは”責任逃れ”なのだ。
ディーゼルエンジンを改良できずに。
つまりは環境面のための技術力がナイ。
技術力が無いから投げ出そうとしているのだ。
そこで一気にEVにシフトしようと。
EVの方が比較的簡単だろうから。
いざとなったらモーターもどっかから買ってくればよい。

とはいえEVはまだまだ信頼性や環境性能に問題がある。
ディーゼルエンジンがさらに改良されれば環境性能はまだ上である。

しかし本当に良いものが世界を席巻するかはまた別の話。
たぶん中国メーカーあたりが電動カートに毛が生えた程度のEVを安く売りだして、それがバカ売れするのではないかね?

まあEVが一般的になっても内燃機関の車はかなりしばらく残るだろうけど。
スマートフォンと従来型携帯電話の事例がある。
性能および接続的にはスマートフォンの方が明らかによいのだが、従来型携帯電話もいまだに残っている。
年配者だけではなく、あえて使っている人も少なからずいるのだ。上手く二台持ちにすれば全体の料金は安くなるからね。

ハードキーボードが無くなる「恐ろしい未来」とは

若者のパソコン離れが示唆する恐ろしい未来。
http://diamond.jp/articles/-/98503

若者には家でパソコンを使わない人もいるらしい・・・
何をしているかと言えば、当然スマートフォン
その少し前のころは、若い人は我々よりもキーボードを打つのが速かったりしたのだ。
(今でも速打ちの子は多いが)
我々とは違って生まれたときからパソコンが家にあって、いわく、
名探偵コナンとかのキー入力練習ソフトで遊んでました」。
そりゃ早打ちできるわな・・・(汗)

しかし冒頭のコラムでは、パソコンを使えない若者も出てきていると。
で、コラムの表題にある「恐ろしい未来」というのが、中身を読んでみたらこれが実にクダラナイ。
”ダイヤモンドオンライン”はそんなくっだらないコラムを載せるエセ経済サイトなのかもしれないな・・・

ハードキーボードではなくタッチパネルによる入力、しかもスマートフォンのようなフリック入力が主流になってしまうとオジサンたちは馬鹿にされる、とかくっだらないことを言っている場合ではないのだが?

パソコンを使っていないということは、小さい画面のスマートフォンしか使っていないということ。
小さい画面しか使っていないということは、一度に多くの情報を判断できないということだ。
画面に表れる情報量が少ないから。
それはつまり、全体を見て判断することができなくなるということなのだが。

物事を判断するには、細かいところを見るのももちろん大事だが、全体の流れを読むのも大事。
大きい画面だと情報の全体像をつかみやすい。
だからネットニュースよりも紙の新聞を読んだ方がアタマは良くなるのだ。
(各新聞社が”偏向”したり情報操作しているのはまた別の問題)

つまり、スマートフォンしか使っていないような輩が増えるということは近視眼的な人間が増えるということ。
近視眼的人間は簡単にネットデマに騙される。
それが社会的にどれだけのメーワクになるのか。

スマートフォン以前の携帯電話の時代はもっと画面が小さかったではないか、という意見も当然あるだろうが、
あれだけ画面が小さいと、情報のごく一部しか表示されていない、全体像を見ていないというのを自覚できるのだ。
スマートフォンは中途半端に画面が大きいとみることができる。

ま、もっとも、スマートフォン以前から言葉尻しかとらえられない、揚げ足取りしかできないネット民は多かったがね・・・
パソコンで見ているはずなのにツイッターの140文字の文章ですら文脈を読むことができないとか。
アタマの中のRAMがほんの一行分もない輩どもはもともと多かったのだが・・・

自分に「合った」打ち方を探さねば

週に一回しか打っていないと打ち方がなかなか固まらない。
いや、昔の打ち方を続ければいいじゃないかという向きもあろうが、
加齢によって身体の状態は変わってくる。筋力とか。
だからその時その時で自分に合った打ち方は変わってくるのだ。
まあ、週に二回以上練習できていれば筋力は維持できているだろうから、そんなことに悩む必要はナイのだが・・・
週に一回しか打てないのでは、筋力の維持は難しい。

テイクバック時にラケットをあまり動かさず身体の左前45度くらいにセットすると、とりあえずうまく当たるし、うまく当たるから打球の速度も出る。
こんなテイクバックでも身体がきちんと回っていればスイングのストロークは取れている。

しかし、調子こいてペースをさらに上げていくとスイングが崩れていった。
タイミングが合わなくなってきた。
スピードボールを打とうとすると力むので、テイクバックからのラケットの軌道とタイミングがおかしくなるのだ。

調子こいて打っていくときのスイングも考えなければならないのだな・・・

 

初級者だからこそ理解できるテニスの本質言われた通りに打てない理由を考えたことはありますか?【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]

iPhone”バブル”は続くか?

iPhoneナンチャラが発表されたとかで。
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1080532.html

まー、私はiPhoneというかアップルのやり方が嫌いなのだが・・・
iPhoneに部品を供給しているといって浮かれている会社はそのうちケツの毛までむしられるぜ?

ま、それはともかく。
昨今の状況はまさしくiPhone”バブル”ではないかと思うのだ。
もちろん中身や品質はそれなりにあって、いわゆる”バブル”とは違ってはいるのだが。
しかしこの業界の浮かれ具合はバブルである。
ブランドイメージだけで(製品もよいとは思うが)売れているのは”バブル”である。

以前に書いたが、アップルのやり方は少しずつ製品価格を上げていって利益を確保するのだ。
その結果、今回は10万円超。(冒頭の記事参照)
ちょっとしたノートパソコンが買えるぜ?

もちろん、大手キャリアなどでは”バブル”に乗っかるべく割引施策を用意しているからこれほどの金額をユーザーが払わなくてもよいのだが。
それでも高いがね。
そして割引の原資はどこから出ているのか。
iPhoneユーザーがかぶってはいないとしても、キャリアが身を削っている。
回りまわって結局は非iPhoneユーザーからむしり取られるんだろうなあ。

割引されたとしてももはやiPhoneはかなり高い。
高機能だとしてもそれを全部使いこなしている人はどれくらいいるのか。
そろそろ「スマートフォンってそんなに高くなくてもいいんじゃね?」と気づく人が出始めるのでは。
大手キャリアの内部でも優秀な人は”バブル”ともう認識していることだろう。

iPhoneが売れない地域もあるそうで。高いから。
で日本市場でユーザーのケツの毛までむしらんとしているのだが。
でもそろそろ”揺り戻し”が来てもおかしくはナイ。
何年も使えない、二年もすれば確実に型落ちになって古臭くなるものに10万円超も出すか?と気づかれる頃なのでは。

でもまあ、日本はiPhone信者が多いことだし。
iPhoneやアップルのためならば飯を抜くくらいのことはしそうな人々が多いことだし。
ソフトバンクあたりが特に煽っているし。

昔はパソコンの”Mac信者”が幅を利かせていたことがあったが、
現在でもMacは頑固な一定の利用者がいることだし。
これと同じでiPhoneにバブルも意外に”硬い”のでそうそう簡単にはじけないものかもしれない・・・

大学の教授教員ってそんなもんよ?

大学教員ネタが多くなってしまいますが、こんなニュースがあったので。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091200950&g=soc

Yahooニュースでのコメントには、大学教授でそんな人いるんだ、てのがあったが。
いろいろな人を見たが、”マトモじゃない”人はかなーーり多いのですよ?
性格に問題が出てくるような昨今のメンタル用語に当てはまる輩はゴロゴロ。
他人を見下しているなんて序の口。
パワハラとかが”禁止”されているからやらないだけであって、もし禁止されていなかったら他人や学生に対してなんでもやるぞ?
上記ニュースのようなリアル”キチ○イ”も見たことがあるし、
「学生には人権はナイ」と言い放った教授、という話も聞いたことがある。
上記のニュースは氷山の一角だろう。

大学の教授とか教員になるルートを考えれば分かる。
ただ勉強ができればいいのだから。
一般社会とは別になっている。
教員免許すら必要がない
物事の本質をとらえる”研究能力”がなくたってなれる。

特にヤバいのは「民間企業で働いていたことがある」などと自慢する教授教員
こういう輩は大抵大学卒業後ほんの二・三年しか企業にいたことがない。
すなわち一般の会社のことなんか全然知らないのと同じレベル。
なのに知っていると言うわけだ。
そして自分は一般社会・会社に適合できずに大学に逃げ込んできたのだ。
教員として性格的にはもっともヤバい人間である。

ただし、人間としてとてもできた人、もごく少数だがいるということは付け加えておきますがね・・・

テレビのドラマがつまらないワケ

デーブスペクター氏「日本のテレビは2年間ドラマ制作をやめよ」。
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08210802/?all=1

最近こういう意見のコラムが散見される。
ドラマは芸能事務所の方を向いて作っているとか。
たぶん、アイドル目当てで見てくれればそれだけで視聴率が稼げるという考え方で作っているのだねえ。
で、演技がヘタなアイドルを起用したドラマであっても、たまに”当たる”からそういったことを止められない、のでは。
何が当たるかわからんからねえ。

そういったことに加えて、脚本というか設定の酷さ。
ドラマの企画にはもはやオリジナリティはナイ。
コミックから持ってくるだけ。
まあ、コミックの側もそれを当て込んでいるフシもあるのだが・・・

あとはネタの使い回し。
ストーリーが、「警察上層部の息子の犯罪を覆い隠すことからすべてが始まった」、なんてドラマはもう3回くらい見たり聞いたりしている。
脚本家はもう”オリジナリティ”を持っていないのだ。

それでもドラマを作り続けるならば、リアリティを放棄した開き直るドラマしかないだろね。
貴族探偵”はそれに近かった。
でも貴族探偵も小説から持ってきたネタだったなあ・・・

ま、コミックの世界でも大御所が自分のネタを使い回すことが横行しているのだが・・・ぼそ。

 


 

EVの時代は意外に早いかも?

EV、電気自動車が席巻する時代は意外に早く来るかもしれない。
というのは、EV礼賛論はこれまでは、いや今後しばらくは車と生活の関係について何にも考えていない、あるいはごくごく浅い考え方の意見しかないが、
エネルギー問題からのアプローチによる意見も増えてきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00010004-agora-bus_all
まあ、このコラムはエネルギー論なのだが。

現在のEVはどれだけ性能が上がろうと所詮金持ちのオモチャでしかない。
バッテリーなんかそのうち劣化して満充電量は減っていくし。
普通の生活者は買っても使えないし、買うべきでもない。
理由はいろいろある。普通の生活者ならば少し考えればわかる。

しかし今後はどうか。
EVはエネルギー消費量がケタ違いだし高価なので一概には比較できないが、現在の携帯電話が前例になりうる。
電話なんか個々人で持ち歩くのか?なんて思っていた人は少なくないのでは。
私も当時のある学会で携帯電話の基地局の配置に関する発表を聞いても、全然興味がわかなかった。
しかし携帯電話は金持ちのオモチャの時期を経た後に一気に普及した。

携帯電話が普及したのは、まずは基地局の増加。
そして端末の高性能化(小型化)である。

電気自動車だとどうか。
本体、つまり車両は開発され続けている。
そして車両の航続距離がどれだけ伸びようと無限になるわけではないので、充電スタンドの整備は絶対に必要。アタリマエだが。

つまり携帯電話的に言うと、基地局にあたる充電スタンドが劇的に増えれば電気自動車は一気に普及する。
充電スタンド設置にかかる費用なんかは携帯電話の基地局よりもはるかに高価だが、これについては議論が始まっているようだし。
また、充電するための電力生産では結局CO2を出すじゃないかという問題も議論されている。
だからこれらはいずれ解決される。
一つ一つ解決しながらEV普及の努力は続けられ、解決されたら一気にEVと。

しかし何度も言っているが、私は今後十年以上は電気自動車は絶対に買わない。
普通の生活者だから。
雪国に住んでいるから。
もっと電気料金が安くなり、そしてド田舎の田んぼの真ん中にも充電スタンドが整備されたくらいでないとこわくて電気自動車には乗れない、のだ。

 

車マニアではない人のための車の選び方〜本当に節約できる車を選ぶために〜【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]

無料カーナビアプリの使いにくいこと・・・

先日長距離のドライブへ。
当然タブレットでカーナビを。
・・・ボロボロでしたがね~。
GoogleマップもYahooカーナビも、ダメダメだねえ・・・

無料カーナビアプリとなるとほぼ上記二択。
(他にも探せばあるようだが、あまり有名ではナイ)
一長一短だった。

全体的な操作はYahooカーナビの方が明らかに使いやすい。
ナビ画面の縮尺を変えられるから。
Googleマップではできないから、どちらの方向へ向かっているのか非常に分かりにくい。
もしかしたら表示の縮尺を変えられる方法があるのかもしれないが、そうだとしても探さなければ分からないなんて操作体系が悪すぎる

しかしYahooカーナビは電波の受信が途切れるとそこで固まる。
電波が復帰してもカーナビ表示は自動では復帰しなかった。
Googleマップはオフラインにも対応しているので、ナビゲーションは一応継続。
いや、回線にWiMAXを使っていたのが悪いと言われればそれまでなんですが・・・

昨今のWiMAX2+だと結構エリアが広くなっている。
エリア外の部分はほぼ一本道だから、そのあたりはそのまま走行して、電波が戻ったら新たに表示しなおされると思っていたのだ。
しかしYahooカーナビは街中に入っても表示が復帰しなかった・・・
これがYahooカーナビの致命的なところ。

Googleマップの致命的なところは、先に述べたように表示の縮尺が変えられないところ。
ものすごく狭い範囲でしか表示されないから、今大体どっちの方角へ進んでいるのかってのが全然分からない。
紙の地図、あるいは別のタブレットでマップを表示させながら見ればよいのだが、それではカーナビの意味がナイ。そんな走行では危険だし。

いや、無料のアプリに多くを求めるんじゃない、という意見もあるだろう。
確かにそう。
でも我々はカーナビの利用対価として個人行動情報を提供しているのだ。ダダ漏れにしているのだ。
使いやすく、設定しやすく、そして道に迷いにくくした方が個人行動情報の解析もしやすくなるだろうから、
GoogleもYahooももっとちゃんとした方がよいと思いますがね?

やっぱりWindowsではモバイルできないかも

超小型PC、GPD Pocketレビュー。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1079088.html

いや、なかなかいいかも?
ちょっと無理して買うか?とも思ったが・・・

しかしちょうど長距離ドライブの計画を立てていたこともあり、思い直した。
現在のWindowsではモバイルできないなあ、と。
かなり前のAndroidが影も形もなかった時代ならば、この大きさが持ち歩く用途のPCとしてはかなり良いものだったのだが。

現在のモバイルデバイス、すなわちスマートフォンタブレットでは何をするか。
出先での単なる情報収集だけではなくなってきている。
そのうちの一つがGPSを使ったナビゲーション。
カーナビ、あるいは徒歩ナビとか。

Windowsでは”ナビゲーション”用のソフトがナイ。
あるのは現在位置を表示するものだけだ。
昔、ノートPCを車に固定してGPS受信機をUSBでつないでカーナビとして使ってみたとすることをやっていた人もいるのだが、結局は現在位置を地図上に表示していただけだった。
現在でもネット上を探してみてもそれくらいのことしかできないようだ。
つまりWindowsにはナビゲーションソフトが無いのだ。
Androidだったらいろいろ出てますわな。使いやすさは別にしても。

現在でもまだWindowsはモバイルデバイスとしては使えないOSなのだ。
そういう用途のソフトを作る人が少なくて。

新しいモバイルデバイス用OSが開発されているらしいが、それが普及するまではあとどれくらいかかるのだ?
普及しなければよいソフトも出てこない。
ソフトは一つだけでは普及はしない。ある程度の選択肢が増えないと普及はしない。
そしてその間もAndroidも先へ進んでいる。
だからWindows系に手を出す人は少ない、という悪循環は続くだろう。残念ながら。

それこそソフトもハードも一気に多数を売り出せば一気に普及させられるかもしれない。
しかしそれはメーカーのリスクが大きすぎる。

私の用途に限って言えば、モバイルはネット閲覧以外ではラジオとナビゲーション。
ラジオはWindowsで使った方がよいこともある。
でもナビゲーションはWindowsではなんともならない。

Androidバイスも結構使いにくいんだけどねえ・・・
動きが重くなっているのかタッチパネルの反応が鈍いのかどちらなのか分かりにくいし。
Windowsならばキーやマウスなどで操作するから、動きが”重い”ってのがすぐに分かって、じゃあ待つかということもしやすいのだがねえ。

「教育者」でもそんなもん

京都府内の小中学校では担任などの重要業務を担う教員の12人に1人が非正規。
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20170903000094
まー、どこの地域でもあるんじゃないでしょうか。
正規教員と同じことをこなしているのに給料は安いってことも。

特に気になったのが2段落め。
改善点を指摘したら(おそらく)それが原因でクビになったと。

つまり、学校という「教育者」の世界でも
上司と異なった意見を言う奴は飛ばすとかクビにするってことが行なわれている、ってことだ。
「学校」でもこうなんだからナー。

そして、「大学」ではもっと酷い。
大学は研究機関の意味合いが強いが、教育機関でもある。
しかしその教員は「教育」について全く学んだこともない人がほとんど。
だって助教とか教授とかになるルートは「研究」だけが評価されてのことだから。
だから学生に対する指導なんか酷い輩も多いのだ。

そもそも、社会に適応できなくて大学に逃げ込んだんじゃないかと思われる輩も少なくない。
すなわち人間としてほぼ破綻している輩。
そんなんが「教育」を担当して学生にまともな指導をできるわけがあるまい?

そもそも「研究」もマトモにできていない教授もいるし。
そんな連中がお互いに評価しあっているからまともな教育機関にはなりにくい。

まずは大学の「教員」に教員免許を取らせるのが日本の教育の改善には焦眉の急だと思うのだが?

結局は”鵜呑み”性質

スマホナビで自動車専用道への誤進入増加。
https://trafficnews.jp/post/78368

このニュースを読んでどう思うだろうか。
馬鹿だなあ、と思うだろうか。
標識とかきちんとチェックすれば分かるじゃん、と揶揄するだろうか。

この問題は結局は、スマートフォンによる情報を何も考えずに受け入れている輩が多い、ってことだ。
道路標識をロクに見ずにスマートフォンによる情報で動く、つまりそれは自分の脳で考えていないことだ。
ネットの情報に踊らされているだけの脳みそがもうない輩がこういうことをする。
そしてそういう人間は増加している、と考えられる。

つまり自動車専用道への誤進入問題は、現象として現れた一つの事例に過ぎない。

しかしながら。
日常ではない状態でマトモな判断力を持てる人がどれくらいいるのか、という問題もある。
ナビアプリを使っていたということは、遠出などで普段とは違う地域を移動していたということだろう。
つまり旅行などの非日常状態。
そういう状態だと判断力は鈍る。
災害時にツイッター等で流されたデマがあっという間に拡散するのと同じことだ。

非日常時にこそまともな判断力を保てるかどうか、ですな。

Googleマップカーナビは”事前検討”できない?

長距離ドライブの予定ができまして、久しぶりにタブレットをカーナビとして使うかと。
まずはGoogleマップで経路を決めて、それをタブレットで開いて・・・
・・・って、タブレットに経路は送れても、経路をタブレットで保存できない???
ホーム画面に保存?
でもそれをカーナビとして使えない!?
”できない”ってことが分かるまでかなり時間を食った・・・

PCから送った経路をタブレットで開いてそこでなんか操作をすると経路は消えるのだ。
タブレット上で経路を決定しても、それを後でカーナビとして使うことができないのだ。
カーナビとして使う直前に経路を決定するしかない。
しかし経由地があるので一発で経路は出てこないのでメンドクサイ。

もしかしたらいろいろ調べれば手段はあるのかも。
でも”カーナビ”でいろいろ調べなければならないというのはダメ。
直感的に操作が分からなければ”カーナビ”としては失格。

しかしながら、ま、”タダ”で使えるんだからな・・・
”タダ”といっても普段から個人行動情報はGoogleダダ漏れになっているわけだが・・・

ちなみにYahooカーナビは”MYルート”として保存できる。
しかしPCで検討した経路をタブレットのYahooカーナビに落とし込むのはメンドクサイ。
そしてオフラインでは使えない・・・

まー、きちんとしたカーナビ機能は有料版にしないとダメなんでしょうなあ・・・

radikoのブラウザ聴取がいよいよヤバいか

タブレットのブラウザの調子を調べた機会に、radikoをブラウザで聴けるかどうかを再度調べてみたが・・・
・・・うーむ、いかん。
ブラウザでは再生できなくなっている。
PCのブラウザではいつも聴いているのだが、タブレットのブラウザでは再生されない。

radikoをブラウザで再生するにはFlashプレイヤーが必要なのだが、
それを使えるAndroidブラウザはあまり多くない。
前回検討した際に再生可能だったブラウザでは聴けなくなっていた。
別のブラウザを二つばかり試したが、ダメだった。
アドインの入れ方とかいろいろ設定があるのかもしれないが、もはや調べるのがめんどくさいレベル。

いや、もちろん、Androidバイスではアプリを使えばradikoは聴くことができる。
なぜブラウザでっていうのは・・・その理由ははっきり言えませぬな。
現在聴いている方法が使えなくなったときに、ブラウザだとアレをアレしてというやり方で再生しやすいのだ、ってことで。
radikoのブラウザ聴取もflashなしにしてほしいなあ。もちろん声高には言えないが。

タッチパネルにも性能差が

タブレットのタッチパネルにイライラする。
Yahooブラウザ閲覧中に、スクロールしているのにタップになってしまって見たくもないページを開いてしまったり。

巷では(ネットとかでは)アプリを入れすぎだとそうなるとか、パネルが汚れていると反応が鈍くなるとか、したり顔で書かれている。
しかしタッチパネルの保護シートをはがしてもあまり変わらず。
パネルをきれいに拭いてもあまり変わらず。

ふと、yahooブラウザではない別のブラウザにしたら動きがスムーズになった。
アプリによるところもあるのだね。
もしかしたらアプリノメモリ占有量とかなんだろうか。

ちなみに、ずっっと前のスマートフォン、Android2.3の時代のものはタッチパネルは全くおかしくならない。
保護シートはもう何年も張りっぱなし。
しかも何年も表面を拭いていない。(きたね~)
時々ビニール袋に入れて風呂場に持ち込むのだが、ビニールの上からでも問題なく操作できる。
この違いはナニ?

ま、タッチパネルの”性能”なんでしょうな。
タッチパネル技術者ならばたぶん詳しいでしょう。
タッチしたときの検出感度とか誤タッチと判断する値の設定とか、ハードがそれを設定できる性能なのか、とか。

ま、安物のタブレットとかは当然ながら使っている部品もそれなりだろう・・・

卵の殻に、と言うが・・・

もはや季節外れかもしれませぬが、夏場の食中毒の話。
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/070600494/
ま、秋になっても気をつけませんとね・・・

このコラムの中で、卵の話が気になった。
卵の殻にはサルモネラ菌が付着していて・・・というくだり。

以前に聞いたことがある話。
アメリカの卵で”卵かけごはん”をしてはいけないと。
まさしく殻にサルモネラ菌が付着している可能性が高く、卵を割った時に混じってしまうと。
しかし日本では鶏にワクチンを打っているのでサルモネラ菌は付着していないと。

まー、いずれにしろ、日本の卵でも気をつけることに越したことはナイのだが。
日本の卵であっても長期間保存しているうちにサルモネラ菌が増殖しているかもしれないし。

冒頭のコラムでは、すき焼きなどの生卵を割り入れる容器は別にした方がよいと書かれていたが、
卵を割るときに中身が殻に全く触れずに割れる人ってどのくらいいるのだ?
難しいと思うのだが・・・
私はもちろんできませぬ(汗)