昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

固定回線も従量制に?

「遅くて使いものにならない」という光回線への声。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/112801470/

恥ずかしながらトラフィック増加がどのように負担になっているかはよく分からなかったが・・・
このコラムの最後に「従量制への移行は濃厚な気配」だとか。
他ではあまり聞かない意見。

光回線はマンションタイプだとかなり遅くなるという話は聞いたことがある。
1本の光ケーブルに数世帯から十世帯くらいつながっているから、1世帯当たりの速度は低下しがちと。

一方、あるプロバイダと契約したら遅くて遅くて、サポートに電話しても埒があかない、という話もたびたび読んだ。

私は固定回線は使っていないので、実感できないが・・・

格安SIMと同じで、固定回線のプロバイダもこれからはかなり慎重に選ばなければならないのだねえ・・・
冒頭のコラムをよく読むと、回線増設コストに耐えられないプロバイダは遅くてたまらん、と受け取れる。

それにしても、もし固定回線が従量制になったら、パニックになる人もいるのでは?
なぜスマートフォン全盛の時代に固定回線を使っているのか。
それは”使い放題”でしかも高速だからだ。
家にいる時は固定回線を使うのは当然だ。

それが従量制となったら、外でスマートフォンで通信しているのと同じように通信量にドキドキしながら使わなければならない。
想像しただけで怖い話だ・・・

確かに我々はネット回線を無駄遣いしてきた。
しかしその無駄遣いがインターネットを発展させてきたとも考えられる。
でも「無駄なトラフィックであふれている」状態が負担になっているので、もはや従量制も致し方あるまい。

もし固定回線が従量制になったら、ネットテレビ、動画配信サービスのビジネスモデルは見直しを余儀なくされるだろうなあ・・・

M-1の報道から思うこと

M-1にはもはや興味はナイ。
相席スタート”とか”南海キャンディーズ”とかのちょっと変わったネタ・芸風のはもはや絶対優勝できないしね。
ま、それはともかく。

次の日のラジオの芸能ニュースコーナーで、
「優勝の瞬間から”とろサーモン”のマネージャーの電話は鳴りっぱなしで」
なんて話が。

とろサーモンは、メガネをかけている方の人のキャバレー司会芸をなんかの番組でやっていたことを思い出すが・・・

そんなことよりも、「マネージャーの電話が鳴りっぱなし」てのに現在のテレビ業界の問題が垣間見えるのだ。
どんな問題かと言うと、
何にも考えずにとにかく勝ち馬に乗る
というスタンス。
他人のパクリだろうが何だろうが。

優勝の瞬間からマネージャーの電話が鳴りっぱなし、ってことは
他の番組で決定された優勝者をうちの番組でも使おう、ってことだよね?
他の番組が作り出した人気者をそのまま自分の番組・媒体に持って来よう、ってことだよね?

これって、意識としては”パクリ”と同じことだよね?

まー、M-1といえばもはや”風物詩”。
テレビとしては旬なものを取り上げておけば間違いはない。
それでなくてもテレビはだらだら一日中何かしらの番組を流さなければならない。
他人のパクリだろうが何だろうが何かしら作らなければならない。
だから、医療ドラマがウケるとなったら各局そればっかりになったり、とかするのだ。
要するにただのパクリ体質、たかり体質・・・

サブブログを引っ越しました

もう誰も知らないでしょうけど、”サブブログ”があります。
自分の晩御飯「ワンご飯」を作っている話。
そのブログを引っ越しました。
男のワンご飯

長いこと放置していましたが、引っ越しを機にまた更新を。
三日にいっぺんくらい。
今後はこのブログと被った記事もありますが、オリジナル記事もあります。
おヒマなら。

地元民にやる気がナイ、とは言うけども・・・

「地方創生」がダメになった理由。
http://bunshun.jp/articles/-/5069

要するに、地元民にはやる気もなくアイデアもない、これでは地方が衰退するのも当たり前だ、という話。

まー確かにそうだ。
地方の人間はやる気なんかナイ。
誰かがなんかやってくれることを待っているだけ。
そしてそれには立派に文句をつける。
”出る杭”を下から引っ張ることしかしない。
イデアなんかもっとナイ。
ひねり出したアイデアは東京のマネごとばっかり。

役人は事なかれ主義、責任逃ればっかり。
うちの県の知事なんか、大雨で災害が起きていてもゴルフへ行ったっきり帰ってこなかった。
地元新聞は県庁市役所の”回覧板”でしかないし。
除雪費は地元土建業者へ土管で流しているだけ。だからロクな除雪がされない。

だから、冒頭にあげたコラムでの”声を失った”という地元民の発言は当然ありうることなのだ。
役場の人間も逃げにかかるのは、当人も田舎者だから当然。

つまりは地域活性化が上手くいかないのは、地元の人間が悪い意味での”田舎者”だから。
地元を発展させたいならば自分たちで何とかするのは当然、そういう考えがない人々。

しかしながら。
地元にやる気がナイ、と切り捨てるのもどうかと思う。
地方には金がナイ。
住民は少ないから税金収入も少ない。
観光客も来ないから金も落ちない。

金がないことが恒常的になればやる気がなくなるのも当然。

都会は人が多い=エサに食いつく魚が多い、ということ。
あとは各人がいかに釣り上げるかのアイデアとやる気だけなのだ。
ところが地方は、まず魚がいない、のだ。
だから地方は最初に”そもそも”の問題があるのだ。

じゃあどうするか。
やはり外部の会社がその地方を観光地化してお金を稼ぐプランにすがるしかありますまい。
地元の人間がいくら考えたって、ただの”殿様商売”にしかならないから。

そして、地元はその観光地を運営する会社からお金を落としてもらう。
「西武とか東急とか呼んでくれるんじゃないの?」はこの意味では正論である。
金を持ってくる会社を引っ張ってくるのはコンサルタントの仕事であり、役所の仕事である。

儲けを地元とうまく分配するビジネスモデルにすればいいのではないか。
やる気がナイ地元経営者には儲けは分配しない。そうすればやる気がナイ地元会社を選別できる。

ただ、こういったことはこれまでいろいろな形で行われてきた。
そしてうまくいかなかったら外部の会社は撤収する。
撤収した後には何も残らない。

単なる”搾取”を目的として進出してくる会社もあるだろう。
そういう会社を見極めるのは役人の仕事なのだが、田舎者役人にはそういった能力はナイ。

やはり、最も安全なのは、その地方自身で何とかすることなのだが・・・

浅虫水族館

某月某日、浅虫水族館へ。

普段、このブログではひねた見方をしているワタクシではありますが、
いや、浅虫水族館はあら探しなんかする気がないほど面白かった~。

特に、地味な魚の水槽がなんか楽しい。
熱帯魚とかの派手めなものよりも。
亀とか海獣スマートフォンを向けるとカメラ目線してくれる???し~。

f:id:o-bright:20171130162621j:plain

それにしても、男鹿水族館GAOなんてとこにいったときはこんなに面白くなかった。
なぜですかねえ・・・
規模の違い?
展示の仕方?
イルカとシロクマの違い?

ま、分析するのはやめとこ・・・

ファンヒーター買いました

注文していたファンヒーターが先日届いた。


 

”トヨトミ”製。
これまで使っていたのもトヨトミ製なので比較してみる。

・・・と言ってもほとんど同じ~。
操作パネルのデザインが変わっただけだ。
と最初は思ったが・・・

まずデフォルトの設定だと点火までにものすごく時間がかかる。
これは”消臭”のため。
燃焼方式の関係から臭いが出やすいらしいのだ。
でも私はほとんど気にしないので、消臭点火モードをキャンセル。
ま、これでも2分近くかかるのだが・・・前よりも長い。

あと気がついたのが、最小パワーが前の機種よりもかなり小さい。
設定温度まで室温が上がると当然燃焼を絞るのだが、その時のパワーがものすごく小さいのだ。
だから室温が上がりすぎない。

ま、これは”省エネ”には有効なのだが、一長一短ですな。
最小パワーでの燃焼だと輻射熱も小さくなるのか?同じ設定温度でもなんか寒い・・・
でも、室温が上がりすぎて燃焼が停止するとこれまた寒いし。
ま、これはこれでいいのではないか。

というわけで、点火に時間がかかることさえ我慢すればこれはいいと思う。
灯油気化部の故障は起きえない方式だしね。

”感覚”がないとテニスは上達しない

最近のテニスレッスンで、これまたきったねー打ち方をするオッサンがいる。
この輩はもうこれ以上は上達しないだろうなあ。
今後何年やってもきったねー打ち方は改善しないだろうなあ。

どんな打ち方かというと、手打ちドヤ顔オヤジなのはともかく、
ストロークでラケットがインパクトから球の下側を通って前に出る。
言葉だと説明しにくいが、要するにスライスがかかるような打ち方。

オバサンでもこういった打ち方をしている人も散見されるが、
いい歳をしてこんな打ち方をしているってことは、改善はもうほとんど見込めない。

いや、自分がどんな打ち方をしているか、他の上手い人と比べて何が違うのか、ってことを常に分析していれば、歳をとっても少しずつは上達できるのだが。
しかし当該オッサンはアタマが悪すぎる

レッスンではある決まったパターンで動くことが多いのだが、それを何回やっても覚えない。注意されてもいつも「?」ってツラをしている。
そして致命的なのは、コーチにいくら指摘されてもスライスっぽい打ち方を自分がしていることを理解できないのだ。

インパクトの感覚が”無い”ことに加えてアタマも悪かったら、これでどうやって上達するのだ???
若い人だったら部活など”しごき”で自然に改善するのだが、
いい歳をしたオッサンではもう無理だね。
たぶん会社でも・・・なんだろうなあ。

「テレビ」は無くならない、かも

”オワコン”といわれるテレビは、なぜ終わらない?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/041200109/112100015/
”オールドメディア”と位置付けられたテレビはいまだに健在なのはなぜか、という話だが・・・

やはり我々には”受動的”メディアが必要なんですねえ、きっと。
何も考えずに流しっぱなしにできるメディア。
もちろん、この番組が見たい、と能動的にチャンネルを合わせることはあるが、
ダラダラ視聴も可能。
テレビの電波は放っておいても来ているし。
リモコンの数ステップで簡単に見ることができる。

対してネットはご存知の通り。
いちいち”アクセス”しなければならない。
パソコンやスマートフォンを立ち上げて、なんかソフト(ブラウザ)を開いて、アクセスして・・・
よく考えるとメンドクサイよね。
どのサイトのどのチャンネルのどの番組が見たいという明確な意思がないと、見ない。

ふと思うに、新聞も同じ。
各戸に配達されてくる。
しかしネットニュースを見ようとすると、ニュースサイトにアクセスして・・・となる。

高齢者とかスマートフォンやパソコンを扱えないとかいうことを別にしても、
”受動的メディア”はやはり簡単・単純なのだ。
だからたぶん、しばらくはテレビは無くならないだろう。

しかしながら”視聴率”は別の話。
ネットに時間を取られてテレビを見る時間が少なくなっているとかね。
もし、ネットテレビがダラダラ視聴に対応できるようになったらば、従来のテレビは急速に廃れるだろう・・・
例えばスイッチ操作一つ二つでネットテレビを見ることができるような機器が出たらそうなるでありましょう。

私もネットでラジオを聴くようになってからテレビを見る時間はかなり少なくなった。
見たい番組しか見ない。
その他はダラダラとラジオ。
でももしradikoがなければ、テレビをダラダラとつけているだろう。
(たぶんワンセグですけどね)

タイヤ交換、できますか?

もうタイヤ交換しなければ・・・(雪)
ちなみに古いスタッドレスの履きつぶしなので、多少の雪にはこのままでも対応できるはずなのだが、路面が凍結すると危ないかもしれない。
ちなみに、古いスタッドレス夏タイヤとして使うのはお勧めできませぬ。
その理由はここでは割愛。

さて、「最近のクルマがスペアタイヤを積まない理由とは?」だそうな。
https://www.webcartop.jp/2017/11/176911
ま、重量による燃費への影響とか(これがメインであろう)、ほとんど使われないとか。
私もスペアタイヤ時代でも使ったことがない。

パンク修理キットとスペアタイヤ、”燃費”なんてくだらない理由を除くとどちらが良いかは分かりませぬなあ・・・
スペアタイヤがあったとしても、交換できる場所がないかもしれない。
応急修理キットはそのタイヤを廃棄することになる。

普通のパンク、トレッド面に何か刺さった、のであれば、それを抜かずに、
また空気が抜けていればポンプで空気を補充しながら修理できるところまで自走する、てのが最も良いのかも。
タイヤは釘が刺さったくらいではすぐには空気は抜けないのだ。
もちろん、サイドに穴が開いた場合は別。

最も良いのはRV車みたいに同サイズのスペアタイヤと、ポンプを積んでおくことなんだろうなあ・・・

ところで、タイヤ交換、自分でできますか?
自力でタイヤ交換できない人が多いということもスペアタイヤを積まない理由の一つになっている。

女性や高齢者ならば仕方があるまい。
重量物を持ち上げなければならないですからな。
しかし男の子ならばタイヤ交換の一つくらいできて当然かと、古い人間は思うのだ。

しかしながら、道路整備などでパンクの頻度はかなり低くなっているし。
私の長い車人生の中でもパンクは一回しかない。
降雪地やスキーに行く人でないとタイヤ交換技術なんて必要ないのかもしれない。

でも、タイヤ交換を自分で行なえばタイヤへの理解が深まるのですがね・・・

さて、明日(この記事を書いている時点から)はタイヤ交換しなければ(汗)

簡単に干物ができるのか?

人はなぜ食べ物を干してしまうのか。
http://bunshun.jp/articles/-/4779

まあ、干すと旨味が凝縮されるということは知ってはいたが・・・
日本の気候だと家庭では干し物を作るのはちと難しい・・・
海月さんはいろいろやっているようですが。

と、上記コラムの「上級編」を読むと、何気に商品の紹介が。


 

水分を取るシートだって。
初めて知りました・・・

イデア次第ではいろいろ使えそうだが・・・
”干物”は作れるのかなあ?
商品ページでは”下ごしらえ”メインで紹介されているが・・・

単なる下ごしらえ用途であれば私には必要ないな・・・
いかんせんちと高価。
やっすい食材への応用を思いついたら買ってみよう・・・

パソコン視聴も考えてくれ~

AbemaTVに通信量をさらに削減するモードができたとか。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/20/news103.html

10時間で1GBならば、WiMAX回線でもダラダラ視聴が可能ですなあ。

でもダラダラ視聴をするのは家にいる時。
家にいる時はもっぱらパソコンを使う。
スマートフォンだのタブレットだのはほとんど使わない。

通信節約モードはスマートフォンのアプリの話。
パソコンでの視聴では通信量や画質の設定ができない。
だから結局、AmebaTVはほとんど見ないことに・・・

ブラウザ視聴でも通信量を調整できるようにしてくれ~。
でも、まあ、フツーの人は家のネットは固定回線でしょうからなあ・・・

ネットショップの不思議

石油ファンヒーターを買ったわけだが。


 

ちなみにこれを書いている時点では、まだ到着していない。
やっぱり遅いなあ、佐川急便。
ヤマト運輸だったら集荷してから20時間後には配達営業所に届いているのに。

さて、決して安い買い物ではない(私にとって)ので、
ショップを選ぶ際にはいろいろ比較する。
価格はともかく、信用できる店なのか、在庫はあるのか、送料は無料か、配送方法は、などなど。

で、送料がかかるが価格が安いところと、送料無料だが価格が少し高いところがあった。
当然、送料込みで総費用を比較しますわな。

送料等の案内ページを見ると、そのフォーマットが同じところが。
会社概要を見てみると、案の定、住所が同じ。
ネットショップの責任者だけが異なっている。
すなわち同じ会社なのだね。

いや、こんなことはよくある。
同じネットショップ会社なのに、いくつもいくつもネットショップを出しているとか。
こういうところはその全部のショップで価格とか購入条件が全く同じ。
サイトの構成もほぼ同じ。
ショップ名が異なるだけ。
ま、検索に多く引っかかるようにしているんだろうなあ。
(はっきり言ってウザい)

しかし今回見つけたショップは、
片方は送料無料、片方は送料がかかる。
送料込みで考えると後者の方がわずかに安かった。

しかし送料は配送地域によって変わる場合もあるし。
購入条件を複数にしてより多くの客を獲得しようとしているんだろうなあ。

うーむ、手が込んでいる・・・
でも、ま、全く同じにしてショップ名だけ変えているところよりははるかにマシか?

”経営陣”は単なる”役割”

日産の無資格検査で正すべきは「現場への責任転嫁」だ。
http://diamond.jp/articles/-/150296

まさしくそうである。
三菱の燃費不正と同じ図式だ。
経営陣が机上で勝手に決めてそれを現場に押し付けるだけ。
つまり、日産と三菱はそう変わりがないのだ。

「社長社長といばるな社長、社長社員のなれの果て」
という都々逸がある。
”社員のなれの果て”ならばまだいいのだが、
自分を偉い人間、選ばれた人間だと思っている輩はそもそも管理職や経営者には適していない。
社長や大学教授にはこういった人間が多いね。

大体、製造業のトップグループの人間が製造現場のことに思い至らなくてどうするのだ?

そもそも、管理職とか経営者とかの職種は、突き詰めて考えていくと単なる”役割”だ。
製造業だったら、
現場で物を作っているだけじゃ何を作ったらいいか分からないよね、どうやって儲けたらいいか分からないよね、じゃあ誰か全体を見て舵を取る人が必要だよね、ということで”社長”がいるわけで。
製造業の根幹は製造現場であることに間違いはナイ。
社長や経営陣の役割は”舵取り”である。
別に彼らが人間的に”エライ”わけではないのだ。
むしろ、現場で利益を稼いでいる現場の人間の方が偉いと考えられないか?

宅配便はもう少し何とかならんのか

最近ネットで物を買う機会が多い。
配送業者はヤマト運輸の方が私には都合がよいのだが、最近はヤマト運輸で発送するというショップが少ない。
たぶん、件の値上げ問題もあるんだろうなあ・・・

ヤマト運輸だと営業所が通り道にあるので、営業所留めにしてもらって自分で取りに行く。
これだと最も早く入手できるし、”配達時間”にとらわれなくてすむ。
しかし昨今多数のショップが使っている佐川運輸だと営業所は遠いし。

思うに、宅配便は”営業所留め”を基本にしたらいいのでは?
荷物が営業所に着いてから客から配達希望時間を指定する。
多少面倒なところもあるが・・・

でも、ネットで注文しても何日後に来るのか分からないことが多い。
注文するときに数日後の何時に在宅しているかなんて分からん!し。
○月○日の何時と指定できるところも多いが、数日後だと突然出かける用事が入ったりすることは少なくないし。
そりゃあ”再配達”が減るわけがナイ。

だから、荷物が営業所に着く時間が確定した後で、その次の日以降の配達時間を客が指定する。
次の日の予定だったら在宅確度は高い。
こうすれば再配達の回数は劇的に減るのでは?

しかしながら、”営業所留め”を指定できないショップが少なくない
おそらくなんだが、営業所留めにしている間にキャンセルされるリスクがあるからなのではないか。
返送に係る運賃は客が負担することにしたとしても、手間はかかるし、何といっても”売り上げ”が減ることになる。
Amazonだって”当日配送”の目的は客の利便性だけではなく、キャンセルされる前に品物を送りつけてしまおうとする意図がある、という見方もあるのだ。

しかし客の利便性からすると”営業所留め”を基本にした方がよいと思う。
もちろん、メールとかインターネットが苦手な人に対しては従来の配送システムで。

ファンヒーター、やっぱりダメだ~

ファンヒーターを分解掃除(というほどではないが)をしたが
やっぱりダメか・・・
過熱警報がおかしなときに出る。
運転中ではなく、自動で燃焼が停止してからかなりの時間が経ってから、とか、
朝いちにスイッチを入れた直後、当然まだ燃焼は開始していないときにとか。

こりゃあ、過熱センサー周りが劣化しているか?
というわけで、もう一回フロントパネルを外し、過熱センサーの配線がおかしくなっていないかチェック。
どこか接触が悪くなっているのでは、と思ったのだ。
特におかしいところはなく。
ホントは基板のコネクタを外して付け直したかったのだが、コネクタが外れにくくて怖かったので、指で少し押し込む程度にしておいた。

で、その後過熱エラーは出ていないが、やっぱり突然故障するのがコワイので、ファンヒーターを注文した。


 

引き続きトヨトミ製。
たぶん異論はあるだろうが、噴射ノズルを使わない形式だから灯油的?には少し乱暴に扱っても大丈夫なのだ・・・

それにしても、トヨトミのファンヒーターって品番が異常に多いような気が?
今回買ったのはLC-33Hなのだが、ネットで見ると末尾が”G”とかもあるし。
今回壊れた?のがLC-32なのだが、その末尾にアルファベットも複数ある。
フロントパネルのデザインが変わっているのにLC-32ナントカとかもあるし。

たぶん、マイナーチェンジが頻繁なんだろうなあ。
それだけ改良を重ねている?(好意的な言い方をすれば)
ネットで「分解した」というのを見ると、私のと同じLC-32なのに基板が異なっていたりとか。
ま、今回注文したのは一応最新機種。
今回故障したものよりは良いだろう・・・