昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

タブレットの電子ノート化失敗

この製品に刺激され、


 

タブレットを電子ノート化(ノートというかメモ帳か)できないかと
タッチペンを買い、手書きアプリを入れてみたが・・・
ダメだこりゃ、となりました(汗)
結論から言うと、使っているタブレットのタッチパネルが悪い
ちなみにこれ。(2年前に新品で購入)


 

で、どこが悪いかというと、タッチペンで画面に縦横に線を引くとこんなんなるのだ。

f:id:o-bright:20171104134034j:plain

つまり、画面中央部にタッチペンに反応しない、すなわち記入できない領域がある。
これじゃあ手書きメモ帳にはならんわな~。

ちなみに、もっと古いLenovo IdeaTabA1000ではこんな風にはならない。
つまりこのASUSが悪いのだ。
ちなみにタッチペンではなく指で描けば反応しない領域はない。
じゃあ指で描けば?となるが、
タッチペンですら太いのに、指で描いたらこんなんなるのだ。

f:id:o-bright:20171104134037j:plain

これは、テニスの”スライス”がなぜ滑って伸びるのか、ということを説明しようとして描いたもの。
ジャガイモをモリで刺しているようにしか見えん(笑)(汗)

細かい字や絵を描けないと、ノートとしては使えない。

思うに、スマートフォンタブレットのタッチパネルは接触面積が大きくないと反応しないのではないか。
当該ASUSタブレットの画面中央部は必要な接触面積がやたらデカい、と推測できる。

冒頭で紹介したシャープの電子ノートはおそらく、専用ペンを使ってのセッティングにすることにより細かい描画をできるようにしたのではないか。推測ですが。

というわけで、一般のタブレットでは”ノート”にはならないということが分かった。

ちなみに(ちなみにばっかりですが)
古いLenovoタブレットだともすこしマトモに使えそうなのだが、
いかんせん重い~。(300グラム超)
軽いタブレットを一回使ってしまうと、300グラム超は持ち歩くには重すぎる。
バッグに小物プラス携帯電話、ルーター、加えてタブレットとなると、結構肩にズシッとくるのだ・・・