昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

”研究結果”は眉唾で

チョコレートが身体に良いという研究が続々と発表される理由。
https://www.lifehacker.jp/2017/10/171031_why-there-s-always-a-new-study-about-chocolate.html

ま、さもありなん。
そもそも○○が身体に良いとかいう研究はいくらでもあるし。
最近は見ないが、ココナッツオイルに関する話がひと頃は多かった。
オリーブオイルよりも健康に良いという話。
”研究”ではないが、ノーベル賞受賞者が多い国はチョコレートの消費量が多い、てな話もあった。(以前書きましたが)

最近思うのは、”長寿”に関する研究。
これは別に特定団体から金が出ているわけではないので悪意(?)があるものではないが。
長寿の人はお茶を一日に○杯以上飲んでいる、とか。

お茶自体の効果は否定するものではないが・・・
テレビ番組でそんな人たちの生活の様子を見ると、
「お茶おいしいねえ~」なんて言いながらお茶を飲んでいる。
つまり、お茶自体の効果はともかく、
お茶をゆっくり飲めるような生活様式、すなわちストレスが少ない生活をしているということが分かる。
お茶のカテキンだのの効果よりも、そんな生活様式自体の方が長寿には効果があるのではないのか?と思うのだ。

さらに話を広げると、
こりゃ特定の車メーカーが金を出して記事を書かせているんじゃないか?
というランキング記事とか。

というわけで、特定の商品・分野が身体に良いなんて研究結果は眉につばつけて聞いた方がよいと思うのだ・・・