昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

”経営陣”は単なる”役割”

日産の無資格検査で正すべきは「現場への責任転嫁」だ。
http://diamond.jp/articles/-/150296

まさしくそうである。
三菱の燃費不正と同じ図式だ。
経営陣が机上で勝手に決めてそれを現場に押し付けるだけ。
つまり、日産と三菱はそう変わりがないのだ。

「社長社長といばるな社長、社長社員のなれの果て」
という都々逸がある。
”社員のなれの果て”ならばまだいいのだが、
自分を偉い人間、選ばれた人間だと思っている輩はそもそも管理職や経営者には適していない。
社長や大学教授にはこういった人間が多いね。

大体、製造業のトップグループの人間が製造現場のことに思い至らなくてどうするのだ?

そもそも、管理職とか経営者とかの職種は、突き詰めて考えていくと単なる”役割”だ。
製造業だったら、
現場で物を作っているだけじゃ何を作ったらいいか分からないよね、どうやって儲けたらいいか分からないよね、じゃあ誰か全体を見て舵を取る人が必要だよね、ということで”社長”がいるわけで。
製造業の根幹は製造現場であることに間違いはナイ。
社長や経営陣の役割は”舵取り”である。
別に彼らが人間的に”エライ”わけではないのだ。
むしろ、現場で利益を稼いでいる現場の人間の方が偉いと考えられないか?