昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

利用者が便利であればいいのだ!

楽天ビックカメラと提携するそうで。
楽天ビックカメラと提携、うまくいくのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/hommamitsuru/20171219-00079458/

この件に関する評論を複数読んだが、
楽天とアマゾンはビジネスモデルが違う、という観点からである。
どう違うのかは、その手の記事やコラムを読んでいただくとして。
大体はマーケティングコンサルタントや投資アナリストの観点から書かれている。
ま、当然か・・・

私のような一般庶民からすると、”ビジネスモデル”なんてどーでもいい。
問題なのは安く、そして安心して買えるかどうか、便利に買えるかどうかだけである。

で、おそらく、今回の提携は利用者にとってはそこそこ便利になるものではないか。
ビックカメラでも楽天ポイントが貯められる・使えるとなればその価値は大きい。
ネットで価格をチェックして、実店舗で実物を確認してその場で買ってしまう、という買い方もできるし。
家電くらいになるとやはり実物をチェックして買いたいよねえ。
家電量販店で実物をチェックしてネットで買う、なんて人が少なくないそうだが、その逆を訴求できれば効果はデカい。

ま、実店舗で楽天ポイントが貯められるお店が一つ増えるだけでも一般庶民にはありがたいのだ。

ところで、上記コラムでは、他の家電量販店の出店社への丁寧な説明が必要、等と書かれているが。
この件はこれまでの経緯から考えると大したことではないのではないのか。

他の家電量販店が楽天に出店しているのにそのうちの1社と提携、といっても、同じような例はすでにいくつもある。
日用品全般を扱う”楽天24”。
これの品物はどこから出ている?
少し調べればわかる。

提携ではないが”楽天ブックス”。
本屋も楽天に出店しているのに、楽天は自前の本屋を持っている。

これらのことで何かもめごとがあったという話は聞かない。
(私が見落としていただけ?)

というわけで、今回の提携は別にいいんじゃないすか?便利になれば、
と、思考停止的(自分が)な印象なのだ・・・