昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

”つながりやすさ”はプラチナバンドだけではナイ

楽天が携帯電話事業に"失敗"する理由。
http://president.jp/articles/-/24403
楽天のキャリア参入がいかに無謀か、という話なのだが。

まー、私はどうでもいい。
どっちにしろ楽天モバイルをメイン回線にすることはありえないし。
もし楽天が成功すれば、大手キャリアは料金を下げざるを得ないだろう。
私はこっちに期待する。

上記コラムで気になったのは、楽天が失敗する理由の一つに”プラチナバンド”を持っていないことをあげているところ。

プラチナバンドってのは要するに周波数が低め、すなわち波長が長め、すなわち建物の陰などに”回り込みやすい”ってことだ。
(参照)
http://amzn.to/2CmPtX1

しかし、それなりの年齢の人は思い出してもらいたい。
ドコモの携帯電話がFOMAになったころ、繋がりにくかったかね?

そりゃあ、FOMAの最初の頃はエリア外が結構あった。批判も多かった。
しかしそのうちにどこでもつながるようになった。
そしてFOMAの周波数帯は”プラチナバンド”のそれではナイ。
後から”FOMAプラスエリア”といって800MHz帯も併用するようになったが、それは山間部での、要するにド田舎での接続改善のためだ。
”屋内”はFOMAプラスエリア以前からつながっていたのだ。

そういや、このころドコモは「つながりにくいところがあったら教えてくれ」的なCMを流していた。
ま、要するに繋がりやすくするために”努力”したんだね。
屋内用基地局も開発していたし。
そもそも周波数帯が高い方が基地局は小型化しやすいのだ。

そういった努力というか、技術力がナイ某社が「プラチナバンドをよこせ」と騒ぎ立てていたわけだ。

2GHz帯は基地局の配置に技術力というかノウハウがあるようだ。
そのノウハウをどのくらい入手しているのか。
屋内向けに小型基地局を大量に配置するのか。
それともソフトバンクみたいに難癖つけて騒ぎ立てるのか。

という感じで、楽天が技術的にどうするのかについては興味があるのだった。