昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

クルマは”ステイタスシンボル”ではない

200万円台も増えてきた高額軽自動車がなぜ好調に売れるのか
https://www.webcartop.jp/2018/02/207664

”軽自動車”なのに200万円超え!なんて見出しの車記事もあるが、
これによると、同じ装備の普通車と比較すれば軽自動車は安いと言えるとのこと。
つまり、軽自動車の装備が昔に比べて多くなってきたということであろう。

とは言っても、軽自動車は軽自動車だぜ?
小さいし”車格”はどうしたって見劣りする。
なのになぜ売れるのか。

思うに、ユーザーが賢くなってきたこともあるのでは。
もちろん登録車を選ぶユーザーが賢くないという意味ではナイ。
(いや、賢くないのも相当数いるが・・・)
”必要十分”なものを選ぶようになってきたと言えるのではないか。

デカい車に一人で乗っているなんて、それは”空気運搬車”状態だ。
街中を移動するだけならばエンジンは軽自動車のそれで充分。2リッターエンジンなんかいらない。
送り迎え用途であっても、今の軽自動車のエンジンはパワーが上がっており複数人乗車でも必要十分。

ふた昔くらい前は、車を”ステイタスシンボル”として買っている人が多かった。
デカいセダンなんかがそれ。
オレは偉いんだぜ~、てな感じで。
いまだそういう考えを持っているじーさんも少なからずいて、ヨボヨボのじーさんが街中でデカいセダンをヨロヨロと運転していたりする・・・あぶねー。

まー、今では別の勘違いをしているのも少なからずいるが。
ハイブリッドに乗っているからオレは環境に気を遣っているんだぜ~、とかね。
ハイブリッド車の”ムダさ”はここではいちいち説明しないが。

多人数乗車する機会が多い人はそれなりの大きい車を買うだろう。
しかしこのご時世、少人数乗車の機会が多いならば軽自動車で必要十分。
ステイタスシンボル”の時代でもないし、そうすると軽自動車で充分じゃん?となるわけで。

しかしながら、大きい車を全否定するものでもない。
私くらいの年代は、”モビルスーツ”に萌えた世代。
車はモビルスーツか?なんて記事を昔見たことがあるが、車を操ることに喜びを覚える人も少なくないのだ。
それで、重装備型モビルスーツを好む人もいるし、高速型を好む人もいる、のだ。
私は・・・小回りが利くタイプが好きですがね・・・

 

車マニアではない人のための車の選び方〜本当に節約できる車を選ぶために〜【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]