昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

本当の”技術力”とは

輸入車は壊れやすいという意見は本当か?」
https://www.webcartop.jp/2018/05/238309

サブタイトルに「国産車が「壊れなさすぎ」ともいえる」と書かれているが・・・
国産車でもメーカーによっては故障が多い。
昔テニス仲間のおじさんが
「また、車壊れちゃったよ~。ミッション。またラケット買えなくなっちゃったよ~」
なんてのを二回くらい聞いた。
他にも「故障するね~」なんて話を聞いているメーカーだ。

某メーカーは細かいところがボロボロ壊れるし。
リアのランプが切れているのを見るのは大抵このメーカー。

ちなみに、壊れにくい車メーカーを探すには、周りの多くの人に聞いてみるしかない。
自動車評論家なんてデモ車を短期間しか乗らないし、提灯記事しか書けないし。
実際のユーザーは長期間乗っているからね。

車マニアではない人のための車の選び方〜本当に節約できる車を選ぶために〜【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]


”技術力”なんていうと、画期的な機構の発明をすることとかと勘違いしている人は多いと思うが、
本当の技術力とは”壊れない”ものを作る力なのだ。
発明なんて思いつけばだれにでもできる。(少し言い過ぎだが)
それを”工業製品”まで落とし込む力が本当の”技術力”。
だから、GDIエンジンなんて工業製品の域に達していないものを売っていた三菱なんて技術力があるとは決して言えない。
”燃費不正”も元はといえばエンジンを細かく”改良”していく力がなかったことから来ていると考えられる。

技術力とは細かいことを一つ一つ積み上げていく力とも言える。
冒頭のコラムでは”配線のコネクターなど”なとと言われているが、部品の選定力とか品質管理とかである。

こういったことはかなり高い意識を持っていないとできない。
少しのことでも見逃さないとか放置しないとか。
”データ”に対してストイックでないとできない。

歴史的に見ても日本の製造業はこういった”愚直さ”でしか世界と勝負できないと思うのだが・・・
日本人にラテン系のものを作れって言ったって無理でしょ?

だから、車以外でもスマートフォンとか見ても、日本の技術力はまだ世界一だとは思う。
ただ売れていないだけで。
”技術力”と”企画力”はまた別の話だからね。
混同する人は多いようだが。