昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

日本人が特にアタマ悪いというわけではないだろうが

「「ハイブリッド」はブランド化? 日本だけなぜHV車を欲しがるのか」
https://kuruma-news.jp/post/92422

ツッコミどころはたくさんあるが・・・
トヨタ系列のセールスマンの話を引用しているが・・・
「環境性能の優れたクルマに乗っていることを周囲の人達にアピールできます。この選択理由は法人のお客様にも多いです。環境意識の高い企業姿勢を表現できるからです」

ハイブリッド車の製造・廃棄における環境負荷は説明するまでもあるまい。
社有車用途でハイブリッド車なんかを使っている会社は、ロクにものを考えられない会社と言ってよいだろう。信用できないね。
社有車だったら走行距離は長いだろうから元は取れるかもしれないが。
でももし本当に環境意識が高い会社だったら、環境負荷まで全部計算して、その結果軽自動車にするはずだと思うがね。

で、なぜ日本だけハイブリッド車が売れるのか。
おそらく、欧州ではまだたいしたハイブリッド車が作れないからではないだろうか。
ハイブリッド車に技術はいろいろハイレベル。
一朝一夕にできるものではない。
だまされやすいのは日本人も欧州人も同じだと思うが、欧州メーカーではまだたいしたものが作れていないからではないかと思う。

ハイブリッド車の技術はすごい。いろいろと。
燃費もある程度はいいから、目先の石油消費量を減らしたい新興国でもっと売れてもよいと思うのだが、メンテナンスの問題があるのだろう。

そういうすごい技術が詰まった車を”一度は乗ってみたい”と高価なオモチャとして買うことは否定しない。
使われているいろいろな技術は将来も役立つものだから、メーカーへの寄付のつもりで買うのもよいだろう。
しかし環境意識をアピールする目的だったら、かえって”ア○”に見られるぞ?
ネットのデマに引っかかる輩と同種の。

車マニアではない人のための車の選び方〜本当に節約できる車を選ぶために〜【電子書籍】[ ライフエッセンス研究会 ]