昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

フィーチャーホン(ガラケー)を使い続けるのはライフラインデバイスだから

フィーチャーフォン利用者の76.2%が乗り換え検討せず」
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1806/28/news133.html

私もメイン回線をフィーチャーホンから乗り換えする気は今のところナイ。
”二台持ち”ですがね・・・
スマートフォンは月額645円の256kbps回線で、高速通信が必要な際はWiFiに繋ぐ。
ちなみに、256kbpsでもradikoは問題なく聴くことができるぞ。

上記記事中でスマートフォンに乗りかえない理由として、月額料金が高いから、と。
まっっったくその通りである。
何回も言っているが、頼みもしない”高速化”をして高い料金を支払わせるのは詐欺師のやり方ではないのか?

メイン回線をスマートフォンにしない理由のもう一つは、
ライフラインバイスを”遊び”に使うのに抵抗があるからだ。

携帯電話のメールや音声電話はもはや”ライフライン”。
そのライフラインのデバイスをどーでもいいことに使っていたら、いざという時にバッテリーが切れて役に立たなくなるじゃん?
電話とかメール以外でSNSに写真をアップしたりゲームしたりするのは、別にそれをやらなければやらなくてよいことなのだ。

もちろん、スマートフォンの方がいざという時に情報を集めやすいという考え方もありましょう。確かにそう。
そう考える場合は、シンプルで信頼性が高いスマートフォンにして、それは純粋に連絡用にしてゲームもしないようにすべきですな。

今使っているフィーチャーホンが壊れたら、たぶんAndroidケータイにするだろう・・・
スマートフォンの料金が月額千円ちょいくらいになれば、スマートフォンにしてもよいのだが。
(今のフィーチャーホンの月額料金は千円ちょっと)
って、なんだい、結局は”料金”じゃん?(笑)