昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

新型カローラ

基本的にトヨタ車には興味がないのだが、

新型カローラはダウンサイジングということでチェックしてみた。

 

私が車に乗り始めてからずっと、乗用車はモデルチェンジのたびに大きくなりっぱなしだった。

当時はコンパクトカーなんてテキトーな造りだった。

半導体関連や電子部品の仕事をしていたのだが、できるだけ小さく作ることが大命題で、

車を作る人はいいよなー、スペースが足りなけりゃ外形をデカくすりゃいいんだから!

と激しく思っていた。

 

カローラも例外ではなく、どんどんどんどんデカくなっていってた。

それが今回少し小さくしたとかで?

 

紹介記事によると・・・50mmとか60mmとか全長が縮んだ。

これは、まあ、すごいことだ。

私にとってはまだデカいけど。

自家用車なんぞ全長が4270mmもあれば十分だ。

(以前乗っていたCR-Vは4400mmくらいあったが・・・(デカかった))

 

それにしても外観が地味~。

昔からトヨタ車に乗っている人の買い替え需要にしか対応していないんじゃないか?とすら思われる。

個人的には、車が地味でどこが悪いんだ!と思うのだが。

 

大体、これまで外観で奇をてらった車はほとんどが酷い車で、アブナイものも少なくなかった。

しかし今回のカローラは、紹介記事の写真を見る限り内装や運転席周りは良い意味で”普通”。

老若男女で運転しやすそうだ。

 

私がもしトヨタ車好きだったら、ワゴンタイプのフィールダーを買う。

フィットシャトルよりも全長が短いし。

コンパクトカーで必要十分なことがわかってしまったので、もちろん買わないが。

コンパクトカーと言えば、それにしてもヴィッツは酷いよなあ・・・

 

あと、トヨタの各車の紹介ページの3D画像は相変わらず水平方向にしか回転できない。

しかも回転角のステップが粗い。

ホンダのページだと上下左右どの方向にもヌルヌルと動かせるのになあ。