昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

R-1ぐらんぷり

今年のR-1ぐらんぷりはまあまあ面白かった。

例年だと「これのどこが面白いの?」っていうのばっかりなのだが、

今年は”芸”が多かったと思う。

いつもは叫んでいるばかりの芸人が多かった。

思うに、芸人にも大道芸的な感覚が必要なのではないか。

道行く人が思わず足を止めてその世界に引き込まれるような。

いわゆる”浅草”芸人にこのタイプが多いような。

最近は、”どーだオレは面白いだろ!!”といった感じの押しつけがましい芸人ばかり。

まあ、そういうタイプが人気なのかもしれないが。

ま、昔の漫才ブームのときもこういったタイプが多くいたけどね。