昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

下半身の動きの衰え

ストロークで下半身を上手く使えなくなって久しいのだ・・・

一番の原因は練習量が激減したことであるが。

そんなこともあり先日は”昔の打ち方”を実験してみた。

現在ではそんなことを言うテニス本・コーチは皆無であるが

昔は後ろ足にしっかり乗ってから前に体重移動をしてスイングを開始、だったのだ。

後ろ足でケンケンしてから打つ、っていう練習方法も紹介されていたくらい。

こちらの方が体重移動を身体が理解しやすいのだ。

で、結果は、ボロボロ・・・

ゆっくりしたペースならば感じがよいのだが、

少しペースが速くなるとボロボロになる。

思うに、下半身の動きが遅くなったのではないか。

歳とると走るのが遅くなるように。

しかし下半身をしっかり使わないと安定して打てないし、球に力も乗らない。

第一、”手打ちドヤ顔オヤジ”になってしまわないように。

下半身のスピードの衰えをカバーするような工夫が必要だ・・・