昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

駅伝の考え方にもいろいろ

駅伝の季節、ネット上でも駅伝に関する話題が。
(この記事はいつ書いているのだ・・・(汗)) 「指導法」ってのに特に興味がありますな。 http://toyokeizai.net/articles/-/95178 こっちはちと逆説的。 http://toyokeizai.net/articles/-/97953 要するに? フォームを直すのは当然として、 あとは、人数がいれば高い負荷をかける練習をさせて、それに耐えた(故障しなかった)人間でチームを編成する、 故障者が出たら困るような人数しかいなければ、故障しないような負荷にする。 ・・・ってことですかな??? まあ難しいですわな。 何のスポーツでも。 ”技術”を研究するのは当然のこと、しかし”根性”もあればより有利。 しかしながら、根性論だけしか指導?できない指導者もこれまた多くいるのでは。 なんでもかんでも根性のせいにしておけば指導は簡単、誰にでもできる。 とにかく負荷をかけて、技術的にできなくても叱ればいいだけ。 楽な商売だねえ。 テニスの指導者にもそういう人はいませんか? できないことをとりあえず叱っておけばいい。 技術論なんか、最新の技術論を読み漁っておけば、取りあえず指導っぽいことはできるし。 脳ミソも筋肉なテニスコーチなんか、最新の理論が最も正しいものと思い込んでいる。 最新=正しい、ってことは絶対にないのにねえ、脳ミソが筋肉だからそんなことは想像もできない。 ま、脳ミソが筋肉でしかない指導者は論外だとしても、 考え方にはいろいろあるということで。 一つの考え方しか”知らない”のでは、単なる新興宗教にハマった人と同じ。 いくつかの可能性はチェックしておいた方がよいね。 というわけで、上記コラムで宣伝している本をあげておこう。
箱根駅伝監督 [ 酒井政人 ]

箱根駅伝監督 [ 酒井政人 ] 価格:1,728円(税込、送料込)

ちなみに、上記コラム内ではamazonにリンクしてあったので、ここでは楽天にリンクしてます。 ま、複数を比べてくだされ、ということで(笑) ま・・・どっちがいいかはもはや明白なのですが(笑) あと、脳ミソに筋肉しか入っていないテニスコーチは絶対に考えたことがナイでしょうなあという本。