昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

リアスポイラーは不要!しかし・・・

スポーツカーにウイングは必要か?
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/28/news046.html

はい、必要ないですね。(バッサリ)
しかしながら・・・

かくいうワタクシ、リアスポイラー評論家であります(笑)
ま、リアウイングだのリアスポイラーだのトランクスポイラー、ルーフスポイラーなどいろいろな言い方がありますが、ここではリアスポイラーで統一。

昔読んだとある自動車評論家のコラムでは、
(市販車の)エアロパーツは空力的な意味はない、と言いきっていた。
しかしその筆者は、好きなので必ず付ける、とも。

一方、サーキットを走ったことがあるという人、
「時速80キロを超えると車体が沈むのが分かる」
とのこと。

ま、公道では空力的意味はないことは確かですな。

で、私の場合。
新車を買う際にはほとんどの場合、純正リアスポイラーを付けます。
空力的意味が無いと分かり切っていながら。
理由はリアのデザイン。

例えば、現在乗っているフィット。1代前の。
これはリアスポイラーを付けないとリアのラインが・・・”垂れ尻”のようになってしまうのだ。
多くのコンパクトカーがそういった感じ。

ちなみに、フィットのブラックはリアスポイラーを付けても垂れ尻ラインが矯正できない(汗)
なのでブラックはやめました。

セダンの場合。
トランクスポイラーをつけると、これまたヒップアップの効果があります。
いや、そのままではやっぱり垂れ尻・・・

そして、トランクスポイラーの上端が見えるので、車体の後端位置が掴みやすい、ってのは大きなメリットです。

しかし私でもリアスポイラーを付けないのが、車高が高い車。
クロカンタイプの車を買ったときは付けなかった。
例えば、N-BOXでもたぶん付けないだろう。
でもCR-Vのときは付けた。

これは車体後端のラインに寄るのです。
リアスポイラー後端が車体の最後端よりもはみ出した感じになると一気にリアラインのバランスが崩れる。
車体ラインの見かけの重心が後ろに行き過ぎるんだよね。

外形ラインの重心が崩れてはみ出したりすると一気に”ヤンキー”になる
ちなみに人間のヤンキーも人格のバランスが崩れているよね?(笑)

後部ラインが傾斜が大きめだったらリアスポイラー付けます。

まー、しかし、面倒なやつ?(私が(笑))