昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

ここまで緻密なボッタクリ的料金体系

スマートフォン料金の詐欺性に気付いてとっととやめて久しいが。
一応スマートフォン料金は各記事の表題くらいではチェックはしていた。
大きな変更があったようであれば、その解説記事を詳しく読む、くらいはしていた。
しかしこれには気づかなかったなー。
「『データ容量繰り越し』のモヤモヤ」だそうな。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1607/31/news037.html

いや、私が表題をつけるならば、
データ容量繰り越しの”闇”、とか、
データ容量繰り越しでも詐欺的意識、とか、
データ容量繰り越しをエサに搾取、とか、
はっきり書くけどなあ。
ま、サイトの性質上、こういった表現は使えないだろうけど。

ここまで緻密にボッタクリプランを構築しているとは知らなかったのだ・・・
これでは”データ繰り越し”は全く無意味
実際に使うことを考えたら多くの説明は必要ありますまい。

しかしこれでも”データ繰り越し”をしていると言えないこともないのだ。
で、データ繰り越しという言葉に釣られて契約、実際には全然使えない代物、そして追加料金を払うことになる、と。

さらに詐欺的なのはドコモ
データ繰り越し単位が「1GB」であるということ。
つまり、1GB未満のデータ残はどぶに捨てられる、ドコモの丸儲け
以前に言ったドコモポイントの1000円=10pよりもさらに激しい詐欺意識。

こういったことに対して声を上げる人が少ないのが不思議。
ドコモポイントの前身で改悪があった際にはクレームが多くあって改善されたのだが。

おそらく、最近のユーザーはスマートフォンのボッタクリ料金に慣れてしまって、キャリアの詐欺的意識に鈍感になっているのではないか。
ま、イヤならMVNO行けば?っていう意識なんだろう。
そ7してそのほとんどはドコモの回線。
ユーザーサポートをせずに回線使用料が入るというしくみ・・・ドコモはもう土管屋(回線提供)に徹したら?