昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

渋滞が起きるわけ

表題で書いといてなんですが、
渋滞が起きる原因なんかテレビなどで散々言われていることですな!
だからここで改めて説明する必要もありますまい(笑)

単なるつぶやきみたいなもん。
”渋滞”の話を聞くといつも思い出すこと。
かなり前に例によってテレビで渋滞の話など。
その番組で、ある大学教授に実験を依頼した。
その先生いわく「渋滞は簡単に起こせます」。

大学の自動車部の学生数人に、車数台で大きな円上を等間隔で車を走らせる。
自動車部だからそれなりに運転はうまく、車は等間隔で延々と走る・・・

と、ある車何かの拍子にがブレーキを踏み、そこから後ろの車がどんどん詰まっていく、最後尾は止まる、
すなわち渋滞が発生した。

つまり、一定速度で走っていた車が何らかの原因で速度を落とすと後ろがすぐに詰まる、これが渋滞の原因、であると。

いや、実際の渋滞なんか渋滞の先頭から後尾までなんか一度にみられるわけがないのだが、
この実験では円上を走っているから全部一度に見られた。
大変興味深い実験であった。