昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

国が違えばモラルも違う

とある中国人、時々、どこ行ったんだ?と探してもどこにもいない。
帰ってきて「どこ行ってたんだ?」と問うと、「床屋行ってた」とか「銀行行ってた」とか。
コーヒー飲みに行くといって1時間帰ってこない中国人もいた。もちろん勤務中。
どうやら、日本では勤務時間中は私用外出などしないという習慣を理解していないらしい。
悪びれる様子が全くないのだ。

たぶん中国では自分の時間と仕事の時間を分けて行動するという考え方がないのだね。
全て自分の時間。勤務時間中でも自分の時間だから私用外出しても構わない、と思っているのだろう。

まー、昨今の、まあ、その、なんだ・・・
海洋進出問題なんか人の島は自分の島、というかなんというか。
彼らにとってはそれが”常識”なのだ。

”歴史”だって、古来から時の施政者がその都度歴史を書き換えてきた。
それが彼らにとって”正しい”歴史なのだ。
日本人には理解できないが、彼らにとってはそれが常識。

そして、その大陸につながっている半島国の民族も同じこと。
自分の非を認めるという習慣がナイ地域なのだ。
常に誰かを下に置きたいという民族性なのだ。
歴史も指導者の都合のよいように書き換えるのが普通。
北側の指導者の生い立ちなんか我々から見るとフィクションなのだが。
そして南側の国とも島問題とかいろいろな対立があるでしょ?

つまり国が違えば国民性は全く違う。
すなわち”モラル”なんかも全く異なる。
日本人のモラルの物差しからはすっ飛んでいると思った方がよい。

何が言いたいのかというと、
http://toyokeizai.net/articles/-/134670

LINEの親会社はどこか知ってますかな?
日本法人は日本人が仕切っているとしても、親会社の意向には逆らえないのですよ。会社としては。
親会社があんな国の会社、そのスマートフォンなんか使いたいですか?
個人情報に関するモラルが日本人と違っていたらどうなりますかな・・・?