昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

ブラウザでradikoのその後

スマートフォンあるいはタブレットでのブラウザでradikoを聞く方法を引き続き検討中。
アプリで聞きゃいいのになぜそんなめんどくさいことをするのか。
それはアプリに関する最悪の事態に備えてである。
現在使えている方法はいずれ使えなくなる。

このページに来た人はおそらくradiko+何らかのキーワードで検索して来たのでしょう。
同じキーワードでツイッターで検索してみられたい。radikoGPSとかVPNとか。
ジャニオタによる不適切利用方法の拡散が酷い酷い。

そんなことをしているからradiko社に目をつけられてアプリを改悪されたのだが?
ひっそりこっそりやっていた者にとってはいい迷惑。
そんな拡散をしているヒマがあったら、ジャニタレ番組の配信をしろという署名活動でもしてジャニ事務所とかradiko社に抗議すりゃいいのに。
芸能ニュースで読んだ話だが、
ジャニタレの地方コンサートが辺鄙な所で行われると移動中のトイレがない。
そこで誰かが民家のトイレを借りれたりすると、その民家の位置があっという間にSNSで拡散、その民家にはジャニオタのトイレ客が押し寄せるんだそうな・・・

閑話休題
ブラウザでradikoサイトを開けてなおかつFlashプレイヤーが使えるものは2種類まで確認。
しかしまともに使えるものは今のところ一つだけ。
それも音がブチブチする。
おそらく”バッファ”がないせいだろう。

で、このブチブチ音がなんとかならないものかと。
格安スマートフォンLiquidZ330の楽天低速回線200kbpsで繋ぎ、それをテザリングで他のパソコンやタブレットに接続してそちらのブラウザで聞くと、普通に聞ける。
すなわちブチブチ音は回線の問題ではなく、端末の処理によるらしい。Z330の問題ね。
なんせ格安、激安だったからなあ・・・

バックグラウンドの処理を停止するとかなんとかしなければならないのだろう。

ちなみに”タイムフリー”も使える。
スマートフォンの小さい画面では恐ろしく選択しづらいけどね。

何でわざわざそんなブラウザを使うのか。
この方法はラジオは好きだがradiko社は嫌い、という人にとって応用”がきくのだ。
どういう”応用”なのかはもちろんここでは言わない。
radiko社に対して何の不満もなければ普通にプレミアム契約をして盗っ人に追い銭したほうがずっと簡単。