昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

この男は決して”海賊”ではナイ

SBソン、はっきり言いますともはや”売国奴”。
http://www.news-postseven.com/archives/20161122_468119.html

こいつはいったい何をしたいのか?
北方領土は本来ならば何もせずとも黙って返還されるべきものである。
話が長引いているのは単にごねられているからだ。

そんな相手にゴマをすってどうしようというのか、SBソンは。

電力をロシアから買うというのはエネルギー安全保障上大きな問題がある。
そういった話のきっかけをホイホイと持っていくSBソンは売国奴と呼んで差し支えあるまい。
日本政府も困っているのではないか。
そういや元首相で”宇宙人”と呼ばれる政治家も困った売国奴的行動をしていたなあ。

日本を売ってまで金儲けをしたいのか?
もはや日本人ではないなあ。

冒頭のコラム中では出光石油創立者が引き合いに出されているが、
SBソンは”海賊”でもなんでもない。
出光石油創立者は日本のエネルギー供給のために行った。
しかしSBソンは単に売名と金儲けのためである。
”海賊”を引き合いに出すのはひどすぎる。

この数千億円ともなる事業費はどこから出るのか?
もちろん全額ではないだろうが、携帯電話料金収入がそれなりの割合を占めるだろうね。
というわけで、ソフトバンクの回線を使うということは”売国”の一端を担っていることになるのだ。