昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

ヤマト運輸の値上がり分はどこへ行くのか

ヤマト運輸の問題が報道され続けている昨今。
ヤマト運輸による”世論操作”という見方もあるが・・・

これとともにIT関係のサイトで言われているのがAmazon問題。
全品送料無料の廃止によりどうなる?
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1604/09/news017.html
Amazonプライムも値上がりする?
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/12/news015.html

まー、何というか、のほほ~~んとしたコラムだ・・・
Amazon値上げするかもしれないの~?え~?程度。

Amazonが実質値上げをする意味をよく考えられたい。
まず、もしヤマト運輸が値上げしたら、その値上げ分はどこへ行くのか。
従業員の賃金アップには全部はいくまい。
職場環境の整備とかにも使われるだろう。
運送料の値上げ分がAmazonの値上げとイコールだろうか?
おそらくそうではないだろう。
法人価格、さらにはそれよりもかなりの値下げを要求するだろう。
つまりAmazonが値上げしたとしてもそれはヤマト運輸値上げにかこつけた”便乗値上げ”になるだろう。
便乗値上げ分はAmazonの丸儲け

そもそもAmazonが儲けた分は日本には入らない。日本に法人税を納めていないから。
全部本国へ持っていかれる。

つまり、amazon値上げ → 丸儲け → しかし日本にはお金が落ちない。
日本の重要な社会インフラとなった物流をこき使っておいて、日本に法人税をこれからも納める気はないんだろう?
値上げしてもまだAmazonで買い物をするという輩は売国奴と言ったら過言だろうか???

こういう意見もあるのだ。
アマゾンのサービスを利用しない理由。
http://manetatsu.com/2017/01/82428/

しかしながら。
実は私だってAmazonから買いたい。
Amazonは「安心」なのだ。
売国奴と言われようとビンボー人には知ったこっちゃない。
とにかく安くて安全なところから買いたい。

しかしAmazonは実はそんなに安くはない。
冒頭で紹介したコラム中では、アマゾンプライムの年会費を払っても月に一回以上買い物すれば送料の元は取れるし・・・、などと昼行燈のような考え方が述べられていたが。
そんなことをするよりも、月に一回でも楽天で送料無料のところをちまちま探してそこから買えば、楽天の方が安くなる。
大体、月に一回以上もネットで買い物していたら自室は物であふれかえるのでは?

ざっくり言うと、本当にざっくり言うと、Amazonは金持ち向け、楽天はビンボー人向け、である。

Amazonは金持ちをアマゾンプライムなどといって囲い込みし、その料金で「安心」も提供する。
座したままとにかく何でも買いたい、という金持ちにとっては安くなるサービスである。

楽天は「胡散臭い」、そしてリスクが高い、そして自分でチマチマと安いところを探さねばならない。
しかし安いところを探せることも多いし、頑張ればポイントをちまちま貯めることもできる。

どちらが金持ちっぽいか、どちらがビンボ臭いか明らかであろう。

だから、Amazonがなければ楽天から買えばいいじゃなーい、などといつかの時代のどこかのお姫様が言ったとかされるようにはいかないのだ。
ま、日本に法人税を払おうとしないAmazonがここまでのさばっているのは楽天にもかなりの責任があるのだ。
楽天が胡散臭すぎるから。