昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

PHVの意義

このブログを読み続けている人がもしいれば分かると思うが、
ハイブリッドカーなんてエコロジーでもエコノミーでもない。
きちんと「計算」すれば、電卓たたけばすぐに分かること。
だからプリウスなんて馬鹿馬鹿しくて。

しかしながら。
あるラジオ番組で馬鹿っぽい自動車評論家が言っていた。
トヨタがなぜHVだのPHVを推すのか。
それはEVの流れを止めたいからだと。

EVはどんどん性能がアップしているとはいえ、
その航続距離を伸ばすためにはいまだに大きなバッテリーが必要。
その重量はお相撲さん一人分以上。
それだけ余計な荷物を積んでいるのと同じ。
つまり、車全体のエネルギー効率としては全然良くない

だから現在は純粋な電気自動車にするべきではなく、バッテリー重量が30キロ程度で済むHVとかPHVにすべきだというのがトヨタの主張らしい。

これは一理ある。
電気自動車は現在の”車”の性能には遠く及んでいない。
航続距離とか速度とか一部だけを見ると同じくらいになっているようだが、
トラブル発生時に対応しやすいかとか雪道とか悪天候時の走行とか、そういったことも全て含めるととてもじゃないが・・・
電気自動車なんか雪国では命の危険すら感じる。

だから、ピュアEVを買うよりはHVの方がはるかに良い。

でも、同じ車の性能で最も安くつくのは現在でもガソリン車だ。
HVが燃費が多少良くても、そのガソリン代低減分ではHVの本体価格が高い分の元は取れない。
元が取れるのは20万キロ近く走行後だ。
しかも、製造・廃棄時はガソリン車よりも環境負荷が高くエコロジー的にもよくはない。
というわけで、余分な金はナイ!という人はガソリン車を買うのが正しい
趣味に使う金がたっぷりある、そして「ハイブリッドカーに乗っているんだぜ~」と自慢したい人、トヨタに研究寄付金出したい人プリウスにでも乗っておけばよい。
実際、プリウスに乗っている輩は車について全く知らなさそうな○○面したのが多いなー。

ピュアEVなんかは、もうお金持ちのお遊び。現在のところは。
環境だのなんだのなんか知らん!大豪邸に何台も車があって、そのうち一台は春や秋に少しだけその辺を転がしてみる、という用途で買うもんだ。
降雪地では絶対に乗れない。
スタックしたらあっという間にバッテリーゼロだぜ。
だから雪国でEVなんか乗っているのは車が何台もあって季節ごとに使い分けできるかなりのお金持ちなのだ。