昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

”デカ盛り”と”大食い”の馬鹿馬鹿しさ

食事時にテレビをつけたら、また”激辛”と”デカ盛り”も番組。
こんな馬鹿馬鹿しいものでまだ視聴率が取れるっていう、日本の視聴者ってどんだけ・・・

タレントが辛さに悶絶する、デカ盛りを食べきれずに苦しむ、こういった番組に何の意味があるのか。
人が苦しむところを見て面白いと思う人が多いのか?

そもそも、”激辛”とか”デカ盛り”なんてものは、そのお店にそれ以外の売りが無いから、
すなわち、それだけの店、だけのこと。

さらに思うのは、”大食いタレント”にどんどん食べさせるのは、昨今の省エネ流行りに逆行しているということ。

というのは、大食いタレントの”排泄物”、要するに○○コの栄養分を調べたという話を聞いたことがある。確かラジオだったかなあ。
栄養分が”カロリーメイト”くらい残留しているそうだ。
すなわち、大食いタレントの消化器官は単なる管(くだ)。
燃費が最悪の車みたいなもの。
食材の栄養分をトイレに捨てているだけなのだ。
まあ、大食い番組ではないときはきちんと”消化”しているとは思いますがね・・・

というわけで、テレビのバラエティ番組に”デカ盛り”と”激辛”はもういらない。