昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

純正カーナビは前時代的

車メーカーの純正カーナビは古い!!
前時代的といってもよいだろう。

・・・いや、カーナビとしてのハードウェア的には別に古くはナイ。
車メーカーの意識が前時代的、現代のニーズに合わせていないのだ。

メーカーオプション、ディーラーオプションを見ると、何とかしてカーナビを売らんかなという意識が見える。
こういったオプションで利益を得ようとしているのだろう。
ただのオーディオなどは特に、同じ機能の非純正品ならば1万円を切るのに、機能が足りないのに1万5千円とかで売りつけられる。

スマートフォンとかタブレットのカーナビアプリがあれば純正カーナビは要らないんじゃないの?とその手の評論家(どの手だ)の意見が複数出てきていたのはもう数年前。
しかし現在でも車メーカーは純正カーナビにこだわるばかり。

iPhoneと連携すればカーナビになるというオーディオユニットも散見されるが、大体は評判が悪い。
使い勝手とか、そもそもうまく繋がらないとか。
そして、それをするためのアプリは有料だったりするメーカーもある。

たまにしかカーナビを使わないような人に、カーナビに十数万円も払わせる、これってどうなの?
今の時代、カーナビが必要な時はスマートフォンタブレットを使う、というユーザーは少なくないはずなのに。
しかしタブレットを接続することを前提としたオーディオユニットは皆無

しかしながら、たまにしかカーナビを使わないからこそ純正カーナビが必要だ、という考え方もある。
例えばGoogleマップアプリなんか、たまにしか使わないという用途では使用に堪えない。
直感的に使えない。
でも純正カーナビなどはいきなり使っても、ほぼ直感的に使うことができる。

問題なのは、ユーザーに選択肢がないことだ。
純正カーナビを買うか、カーナビ用スマートフォンなんか繋ぎようがないオーディオユニットで我慢するか、しかない。

このご時世、タブレットのアプリでカーナビをすることを前提として、USBケーブルで音声接続と充電ができるようなオーディオユニットとタブレットスタンドを純正品で用意した方が売れるんじゃないの???

車メーカー純正品だとこれ↓よりも”全然使えない”1dinオーディオが19,000円もしたりするのだ。