昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

DeNAの被害者とは

DeNAの例のパクリ・ウソサイト問題で謝罪会見があったとかで。
これに関する記事中には「被害者への補償」などという言葉が散見された。

”被害者”って誰?
ウソ記事を真に受けて損害を被った人?
とアタマが悪い(私が)ことをイメージしてしまったのだが、
ああ、盗用された人ね・・・

自分で取材・調査して作ったオリジナルコンテンツが盗用された人はガンガン損害賠償請求すべきだ。
人のものを盗んで金儲けするのは犯罪だからな。

しかし、盗用して作成したと思われる記事が相当数あるにもかかわらず、
損害賠償請求の申し立ての件数は少ないとのことらしい。

その理由は簡単である。
コピペしたサイトがそもそもコピペサイトだったのだ。
コピペして作ったものが”盗用”されたからといって損害賠償を請求するわけにはいきませんわな。

これまで報道されているDeNAウェルクの記事の作り方は、とにかく粗製乱造。
コピペでも盗用でも何でもいいから数を重視。
そういう作り方を指示されたらどうする?

そのキーワードで検索して検索結果に出てきたサイトを片っ端から見てコピペしますわな。
で、検索結果の上位のサイトはほとんど”コピペサイト”。
なぜなら、検索結果の上位に来ることを”目的”として作っているサイトだから。
一般人とか良心的な人は検索順位は気にしない。だからそういったサイトは普通検索結果のトップにはなりにくいのだ。

検索上位に来るためにはキーワードや記事の数の多さ、更新頻度が重要。
そうすると記事を多く書かなければならない。
そうするとコピペで作るのが最も簡単。
こういうサイトを作っている連中は単に広告収入目的で、個人または小規模低俗団体で金儲けしようとしている連中ばっかりだから。

つまり、DeNAウェルクがその上に乗っかってきただけ、個人レベルでやっていた”盗用”とかコピペを大っぴらにやってしまったということなのだ。
要するに、単に”意識が低い”だけの会社、連中。

検索結果の上位に来ているサイトを重宝したりしていませんか?
それはとっても危険なこと。
かなり前からこういう意見↓は出ていたのだ。