昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~

大学の教授教員ってそんなもんよ?

大学教員ネタが多くなってしまいますが、こんなニュースがあったので。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091200950&g=soc

Yahooニュースでのコメントには、大学教授でそんな人いるんだ、てのがあったが。
いろいろな人を見たが、”マトモじゃない”人はかなーーり多いのですよ?
性格に問題が出てくるような昨今のメンタル用語に当てはまる輩はゴロゴロ。
他人を見下しているなんて序の口。
パワハラとかが”禁止”されているからやらないだけであって、もし禁止されていなかったら他人や学生に対してなんでもやるぞ?
上記ニュースのようなリアル”キチ○イ”も見たことがあるし、
「学生には人権はナイ」と言い放った教授、という話も聞いたことがある。
上記のニュースは氷山の一角だろう。

大学の教授とか教員になるルートを考えれば分かる。
ただ勉強ができればいいのだから。
一般社会とは別になっている。
教員免許すら必要がない
物事の本質をとらえる”研究能力”がなくたってなれる。

特にヤバいのは「民間企業で働いていたことがある」などと自慢する教授教員
こういう輩は大抵大学卒業後ほんの二・三年しか企業にいたことがない。
すなわち一般の会社のことなんか全然知らないのと同じレベル。
なのに知っていると言うわけだ。
そして自分は一般社会・会社に適合できずに大学に逃げ込んできたのだ。
教員として性格的にはもっともヤバい人間である。

ただし、人間としてとてもできた人、もごく少数だがいるということは付け加えておきますがね・・・