昔気質技術者のお小言

~ おいさんのへりくつ日記 ~ 車、日用品、家電製品、時事問題を技術者的に

稀代のバ○車だった・・・

日産シルビア復活の噂。
http://clicccar.com/2016/06/04/374594/

この記事に出ているかつてのシルビアはそりゃあ酷い危ない車だったなー。
きちんとした運転姿勢をとれない。歯医者の椅子に座って運転するような感じ。
ライトは暗く、フォグランプ(そういう代物ではないが)を一緒に点けないと夜間は運転できない。

シルビアなんてものをありがたがっていたのはバブルでアタマ腐った連中。
車というものの本質を理解する知能がない連中。

その当時の日産はこういう車を平気で売っていたメーカーだったのだ。
その後一気に凋落し、外国人社長を迎えねばやっていけなくなり、現在に至る。

外国人社長が来てからはノートとかエクストレイルとかマトモな車を出していたのだが。
しかし三菱からのOEM供給の軽自動車を「ノーチェック」で売っていたことが判明した。
正確にはOEMではなく共同開発品であるが。
つまり自社で販売する車に対する責任感が全くない、ということがシルビアなんて酷いものを売っていた時代から全く改善されていないことが判明したのだ。

だから、シルビアの話を見て、このメーカーの車は買うまいと気持ちを新たにしたのだ。